海の不思議

2015/04/03
天気図がスパイダーマンのようなタテジマになり 北西風が容赦なく吹き付ける冬の柏島。閉店するショップが多く ダイバーが極端に少なくなります。しかし 透明度は抜群でワイド撮影には最高のシーズンでもあります。
イサキの群れは圧巻です。
              
砂地には巨大生物が隠れています!
ちょうど一年前。同じ水深 同じエリアで発見したホウセキカサゴ。海って不思議ですねー。餌?環境?何なんでしょうね??広い海の中で 今年も同じ場所に(
同じ色で)。
こちらも例年同じ場所に現れるゴルゴニアンシュリンプとてもすてきなフォルムですよね!
まだまだ「立派}とは言えませんがコブダイも貫禄ありますよ。
今年は15℃まで水温が下がり カメも辛かった様子。動きが遅く簡単に前に回り込めました。
カエルアンコウはお腹満腹の様子。
2月後半になると一気に海藻が目立ち始めます。アヤニシキが増え始めるとボロカサゴの登場です。
3月に入ると透明度が落ち始め”春濁り”が始まります。マクロで海藻を絡めた写真が楽しめます。
珊瑚やホヤも要注意ですよ!
やっと逢うことができたヒオドシベラのチビ (^◇^) かわいいなー
条件の厳しいシーズンですがワイドもマクロも充実しています。
特にワイドは冬が一番 (^0_0^)どのポイントも貸切ですよ~~
 
 

2 コメント:

アケルアンコウ さんのコメント...

きれいな画像にうっとり…
ワイドの写真は冬の冷たい海を感じますね。
下から3番目のハゼのホストが思い浮かばず…とっても素敵です。
どれかなあ?私も撮ってみたいです。

Lapin de mer さんのコメント...

ナシジイソギンチャクでいいのでしょうかね?水深40mくらいにありました。アヤトリカクレエビなんかが擬態しているホストです。冬は透明度が高くてワイドには最高です。マクロに比べ泳ぐことが多いので意外と寒さにも対応できます。

コメントを投稿