短すぎた秋

2014/01/25
ずいぶんと時間がたってしまいました。。。PCがものすごく苦手でやっとブログをアップできる状態になりました。Shingくん、Rayさん いろいろとありがとうございまいた。

2013年は本当に秋が短かったように思いませんか?あっという間に凍える冬に突入してしまいましたね。。。
もう5年くらい前になりますが、初めて撮影することができた紫のボロカサゴ。もう合うことはないんだろうなーっと思い、その時に撮影した作品に「またね」とタイトルをつけました。
なんとなんと この秋 まさかの再会を果たすことができました。その時と同じ D300と10-17mm Fish eyeで撮影しました。

こちらはD800と60mmで撮影しました。

透明度がいい時はやはりワイド。 キビナゴの数 半端ないです(*^_^*)

カンパチもそんなキビナゴを狙って大集合です。

秋はベビーラッシュの季節。サンゴの中にはゴンベの仲間がぽつぽつと。

鮮やかな色のバラハタも登場です。

岩陰には”キラーっ”と光るマツカサウオ

大好きなソメワケヤッコです。いろいろなポイントで見つかります。

砂地ではアカハチハゼが元気に。

ふと横を見ると ベラの赤ちゃんと目が合いました (^u^)

人気者のカエルアンコウも発見です。

シマウミスズメはきれいな色のウニの隙間に。

そして この時期にまさかの「タマシイ」の登場です !! 初夏限定かと思いこんでいたので 目を疑ってしまいました。

ソフトコーラルにはハダカハオコゼがかくれんぼ。

ガラスハゼとツヅミガイのコラボ。

甲殻類も次々に登場です。
まずは極ミニサイズのフリソデエビ。1カットで見失ってしまいました。。。

イソギンチャクにはコホシカニダマシ。

ウミウシカクレエビの当たり年?やっぱ ウミウシに乗ってると きれいです。

キンチャクダイが ものすごい勢いで突っ込んできました。
魚って観察していると結構ケンカしていますねー。この2匹の間に いったい何があったのでしょうね?

浅場はサンゴがすくすくと育ってきています。隠れる場所が増えて魚たちも うれしそうですね。

あれよあれよと水温が低下し 1月に入り16℃まで下がってきました。
気温より水温が高くなる今の季節 ”気合い”入れて楽しみましょう !!




4 コメント:

くらりん さんのコメント...

素敵な水中写真を見ていたら、寒さも忘れそうですね!!

海の碧、太陽の光、サンゴのグリーンの組み合わせ、うまく言えませんが、雄大な自然?!を感じて好きです(カサゴくんの写真)。
背景との組み合わせって、不思議ですね。どちらかと言えば、苦手な甲殻類の写真にも思わず目がとまりました!!

キビナゴの群れは大きなハート❤をつくっているように見えました(笑)
時には違った見方をしてみるのもいいですね。

寒い冬から春にかけてどんな写真に出会えるか楽しみにしています♪♪

Lapin de mer さんのコメント...

くらりんさん
背景の雰囲気で ずいぶんと印象が変わります。メインの生物を生かしてくれる背景もあれば逆に。。。 
見る人によって写真の感じ方が違うので感想を聞いて いつも”なるほどなー”と。 寒さを忘れそうな一枚が撮れるといいのですが )^o^(

Ray さんのコメント...

投稿できるようになってなによりです!
鮮やかな写真好きです。被写体のシチュエーションもすごくいいなと思います。紫のボロカサゴ、とってもきれいですね。僕もいつか撮ってみたいです。

Lapin de mer さんのコメント...

Rayさん
PCもダメ 英語もダメでまったく情けない限りです。英語のエラーメッセージにはお手上げでした。。。
非常に珍しいボロカサゴが1ダイブで2個体見つかるなど 生物の豊富さを改めて感じました。擬態できるソフトコーラルがたくさんあるエリアを発見し これからも機会があれば潜ってみたいと思っています。

コメントを投稿