2013 TAKESHIさんと行く日本の海(和歌山編)

2013/07/15


こんばんは。

今年は梅雨明けも早く海の日連休も夏真っ盛りですが海禁の日々を送る私です。

久米チームからのブログアップの無言の圧力を感じますので早速和歌山編ご報告です。
今回は私一人の投稿のためお見苦しい点多いかと思いますがご容赦を。


イクメンTAKESHI顧問と行く日本の海第2弾は和歌山です。
ガイド会つながりのある全国のショップさんを巡るこの企画、
今回当初の計画では串本近くの古座にあるdive koozaさんで
「オオサンショウウオダイブ」を楽しんで、次の日はみなべL-diveさんでお世話になる予定でしたが、あいにく台風4号の影響で前日まで大雨で大幅に予定変更。
(昨年の久米、前の週の三保に続きTAKESHI顧問は嵐を呼ぶ男ではないかの疑惑も・・・)

増水の危険もあるとのことでサンショウウオダイブは中止となり、
南紀白浜で前泊して朝みなべに移動といったプランに変更となりました。

南紀白浜ではTAKESHI顧問の学生時代の潜水部の先輩が店長をされている
「浜屋台 マルキヨ」さん http://r.gnavi.co.jp/ka9z200/ で
飲み放題、海鮮食べ放題の大宴会。

マルキヨさん
いい歳したメンバーなので食べ放題も大人な頼み方をするだろうとのことでしたが、
こんな感じで頼みすぎてやり過ぎた感満載です・・・
マルキヨさんホント美味しかったですありがとうございました。


宴会も終盤にさしかかり、そろそろ出ようかといったところで現れたのは
dive kooza代表上田さん、そして手に持っている2本のノボリはなんと!
出産祝いで命名ホヤホヤの娘さんアンナちゃんの名前と
TAKESHI顧問の写真がデカデカと入ったノボリでした。


TAKESHI顧問はもちろんメンバーも感無量。
・・・それにしても熱い、熱過ぎですガイド会の絆。
一行に上田さん、マルキヨの先輩も加わったメンバーでホテルでの二次会へ。
夜はまだまだ続くのでした。

dive koozaさんのHPはコチラ
http://dive-kooza.com


とまあ全く海の写真が出てこずスミマセン。
次の日はみなべに移動して李さんがガイドされるL-diveで2本。

L-diveさんのHPはコチラ
http://www.l-dive.net

天気も回復しまずまずの海況です。
1本目は「ショウガセ」にてオオカワリギンチャクを見に。
他で見れる場所では水深100mくらいで生息しているそうですが、
ここでは40mあたりに群生しており人が潜れる深度で見れる珍しい生物とのことです。

オオカワリギンチャク
群生している一帯は不思議な光景で、
滞在時間は5分強くらいだったのですがもう少しじっくり居られたらと思いました。
次はワイドでのぞんでみたいです。

その他の生き物もちらほらとですが1年ぶりのドライでフワフワしており、
個人的にはそちらに集中力を削がれた感も少々。修行必要ですね・・・


2本目は「ミサチ」
ハナイカの卵やボロカサゴ幼魚といった生物に出逢え、
水温23度の中、ガッツリ60分潜りたおしました。

ハナイカの卵
ハナイカの卵は次の日無事ハッチしたそうです。見たかったな〜。

ボロカサゴ幼魚
潜る前に情報はあったもののTAKESHI顧問が発見。
くぼみに始終いたためじっくり粘らせてもらいました。
それにしてもガイドさんの眼ってやっぱりスゴイ・・・

謎のカニ?
踊っているように見えたのでつい。

マツバギンポ
いつもの教え、背景を気にはしてみたもののメルヘンにはほど遠く・・・


とまあこんな感じで1泊2日の濃厚すぎる日々はあっと言う間に過ぎていきました。
TAKESHI顧問、一緒にいたメンバーの皆さん、上田さん、李さん、マルキヨさん
本当に楽しい週末をありがとうございました。



オオサンショウウオは今回残念でしたのでまた日を改めて再チャレンジの予定です。
果たしてダイビングなんだろうか興味深々です。


それでは久米チーム、次のブログよろしくおねがいします!

2 コメント:

もすのかおる さんのコメント...

部長、激務の中お疲れ様です m(_ _)m
和歌山も潜りにはここ10年近く行ってませんが、魅力的ですよね。


しかし、このオオカワリイソギンチャクって蛍光灯みたいな色ですね。咲き乱れている所はかなり幻想的だろうなぁ。

そうそう、この回も夜は大変盛り上がったみたいで何よりです(笑

四八式潜水機 さんのコメント...

かおるさん、オオカワリギンチャク自然の生き物なのに確かに蛍光色ですね。
タケシ顧問がワイドで撮ってたので見せてもらえばよかったです。

毎回顧問の行く先々の飲み会は大盛り上がりですね。
今シーズンもう一回くらい合流したかった・・・

コメントを投稿