2013 TAKESHIさんと行く日本の海(三保)

2013/06/30


こんばんは。写真部ブログの出だしを書くのは久しぶり~

もすのかおるです。

さて、我が写真部の顧問であるBigBlueのTAKESHIさんが現在”子育てお父さん修行”のため帰国され、NAOMIさんの実家で”毎日ラーメンを食べ廻っている(笑” 事は、このブログの読者の皆さんは無論ご存知(?)と思います。

そんな忙しい中、TAKESHIさんは国内の海も積極的に潜ろう!! と6月~7月にかけて全国のダイビングスポットに出没しています。今回報告する『三保』はその第一弾。水中写真部メンバーもこの国内遠征に参加していますので、しばらくはこのシリーズ(何のシリーズだ?(謎))が続くと思われます(笑

6月15日(土)天候 曇り
梅雨の最中、天候が危ぶまれましたが何とか当日は曇り空。三保ダイビングツアーに参加した写真部メンバーは、niCさん、いわおさん、Dr.R、ワタシの4名。他にもBigBlueのリピータさんも入れて全11名。サービスは言わずと知れた『ダイバーズプロ・アイアン』ガイド会のメンバでもある『鉄多加志』さんのショップです。

三保って言うと富士山とともに世界遺産にった『三保の松原』が有名ですが、まさにあの延長線上の海岸で潜ります。周りは釣り人が一杯(驚

でも、皆さん慣れているんでしょうか、ダイバー見ても「あ、そう」てな感じ。水中は浅場は砂地、少し潜ると段々シルトに。。 フィンで煽るとあっという間にモクモクになってしまうので、撮影も皆さん慎重でした。

でも、ココ、ビックリする位マクロネタが。なんかフリークになってしまいそうなポイントなんですよ。

さて、それでは参加の皆さんから、写真とレポートをお願いしましょう。

=====================================================================
 新入部員のハンドルネームniC(にっしー)」こと、西村タカトです。

今年の2月のマリンダイビングフェアと同日に行われた、チャバ会で、健顧問と禎部長より、お誘いを頂き、チャバ会写真部に参加させていただくことになりました。
簡単ながら自己紹介させていただくと

1996年 地元石川県のダイビングショップでOWを取得
1997年 沖縄 伊江島の海に衝撃を受け、フィルム一眼カメラを購入

その後もフィルム一眼をもう1台買い替え、時代は経て、
デジタル一眼(Nikon D300s)に転進
(17年の経緯は、ふっ飛ばしまして・・・)

2012年GW 初のタオ島 初日1本目でジンベイと遭遇!!
その時の写真が、2013 BigBlue ジンベイフォトコンのグランプリを頂きました。


チャバ会写真部の事は、初めてタオに行く前から、HPで知っていて、皆さんいい写真撮ると、関心していたので、こうして自分が、ブログを書いていることが、光栄です。

 これから、どうぞよろしくお願いします。

三保の話ですが、

初めての三保で、「砂地」「透明度があまり良くない」「生物が多様」と言ったイメージを漠然と持っていて、このイメージをどう、表現しようかと、水中で模索した結果が、スローシャッターでミドリ抜きが、一番しっくりきました。



ミドリ抜きで、ヒレ全開写真が撮れなかったのが、残念!!


次は、エントリー直後の真鯛の幼魚
日本海側ダイビングサイトでは、人馴れした成魚に出会うことはよくありますが、普段あまり出会うことが少ない幼魚だと思います。
この幼魚は、ストロボ光に驚いて、咥えたものを吐き出して、すっと、逃げた瞬間、エソに、ひと飲みにされてしまい、この1枚しか写せなかったんですが、

喰うもの喰われるもの
三保の海の生態の多様性を感じました。



今回は、2ダイブで慌しく、三保の海の一端を垣間見たに過ぎないので、再チャレンジしたいと思っています。

===================================================================

niCさんは、写真部ブログはお初ですね。2013ジンベエフォトコンの写真はBigBlueのHPからも見れます~

しかしかなり暗い状態で、どれもなかなか止まってくれない被写体達をスローシャッターでミドリ抜きとはお見事です。

===================================================================
いわおです。今回のダイビングは“初”ずくしでした
 【初 →三保・ 新品6mmウエット・泥んこダイブ・写真部ツアー参加】
最初は中世浮力不慣れと視界不良のため潜るだけでいっぱいいっぱい(+_+)

みなさんと合流してから、サクラダイ、アカオビの群れ群れに遭遇(*^_^*) そんな時の一枚です、♂と♀では随分と模様が違うんですね。流れるような“背びれ”や“尾びれ”が綺麗でした。

                       サクラダイ♀

次はみなさんが何やら指さしてくれています
ギャー、エイリアンが沢山ダンスしてます(゜-゜)

                        ワレカラ

新ウエットのお蔭で“ぬくぬく”快適ダイブでした!(^^)!
慣れてないから一人で奪着できないのが心配・・(@_@;)
海は多彩なマクロ生き物がいてびっくりです。次回チャンスがあればじっくり撮ってみたいポイントでした(^-^)

===================================================================
いわおさん、今回ロクハンカブリデビューだったんですね。それはそれはお疲れ様でした m(_ _)m

ワレカラね、ワタシ全然気づいてませんでした。そんな小さいモン、老眼では見えませぬ(泣

===================================================================
今回、三保ツアーに参加したDr.R RYUJIです。

直前の、台風直撃か?という懸念も台風消滅により吹き飛び、三保ではベタ凪で潜れました。

三保は地元では投げ釣りで有名なポイントでもあるので、釣り人達に見守られる中、堂々のエントリーです。

エントリー早々、水面近くでは透明度2mと、いきなりロストの危機でしたが、10mまで潜れば5mぐらいは見える感じになって、それぞれ撮影に入りました。

ポイントはマクロ中心で、それぞれがターゲットを見つけて撮影していました。



2本目の最後には、みんなで浅場での撮影に熱中しすぎてしまい、time up。


集合写真を撮影する間もなく、流れ解散になったのでした。

===================================================================

RYUUJI君、そういえばクモの子を散らすように流れ解散になっちゃいましたねww
まあ、名古屋組はTAKESHI顧問含めて名古屋チャバ会が迫ってたからね。
関東組も皆付いて行っちゃえば良かったかな? とは言え、次の日二日酔いで車を運転して関東まで帰ってくる自信ありませんけど。

ムラサキのカエルアンコウは皆のアイドル状態でしたね。水深4m位だったから肉眼でもキレイに見えてました。

最後はワタシ
===================================================================
こんにちは、もすのかおるです。実に4年ぶりの沖縄以外の国内ダイブでした。今回TAKESHI顧問からAPSなら60mmマクロでというアドバイスを事前に頂いてたのでそのセットで臨みました。
水温は水底19℃と、7年落ち(笑 のロクハンワンピ+フードベストには少々キッツイものでしたが、被写体に魅せられて時間を忘れ、75分も潜っていました。


ウミテングのチビですが、暗かったこともありガイドさんに合図された時は何だか分かりませんでした。ズズズっと寄って行って初めて”おぉ-(o゚Д゚ノ)ノ”
ストロボの発行量を左右変えてみたのですが、もう少し陰影をつければ良かったと反省


一生懸命移動中のカエルアンコウ。観察中に1m位移動していました。斜面を登り、岩はジャンプして。何カットか撮りましたが、これは移動開始直後の写真です。

================================================================

『三保』はトップ写真のように一見するとごく普通の砂浜なんですが、一歩入るとドロとマクロの宝庫のようなポイントでした。アイアンの鉄さんを始めとするガイド陣も小さい宝石をこれでもかとばかりに見つけてくれます。大変楽しい1日を過ごせました。




今回はマクロ一本槍なのは皆さん決定事項だったので、カメラも皆さん渾身のマクロ仕様。相変わらずですが、一体全部で幾らするんだろう?



さて、この次のTAKESHIさんの国内遠征は6月22,23で和歌山へ行ったようです。間をおかず次のブログもアップされると思いますので(笑

皆さん、お楽しみに!!

3 コメント:

匿名 さんのコメント...

クモの子を散らすような流れ解散・・・爆!
スイマセン、完全に僕の立てた計画が無謀でした〜
次回はもっとゆっくりじっくり行きましょう。
でも、楽しかったです。
名古屋では久々に記憶を飛ばしましたよ・・・(^_^;;

niCさん、ようこそ〜
ジンベエフォトコン優勝に続き、
これからも良い写真を連発して下さいね!

take4

四八式潜水機 さんのコメント...

三保、噂には聞いてましたが
やっぱり濃厚でマニアックなダイビングポイントなんですね。
ワレカラがすごく気になります。
直前のドタキャンになってしまいましたが、
また機会を見て足を運べたらと思います。
次は和歌山編、どうなることやら・・・

もすのかおる さんのコメント...

TAKESHIさん

現地集合、現地解散の典型ミタイなツアーでしたww
名古屋行きたかったなぁ。。

しかし、ビックリな海中でしたね。

四八式潜水機さん

マニアックでした。アカタチも顔だけですが見せてくれましたし。
ワレカラ、どうやらメチャいっぱい居たそうなのですが、ワタシには。。。
小さすぎました(笑

和歌山編、期待してま~す

コメントを投稿