【報告】ニコノスRS試写レポート

2012/12/02







どもども^^

大変ご無沙しております。

じゅんぺいさんより水中写真部に寄贈頂いているニコノスRSをお借りしているshoでございます。

自分のブログの方では書かせて頂いておりましたが

こちらの方にもご報告ということで試写レポートということで

御蔵島で撮ったものを何枚か上げさせて頂きます。



なお今回の写真はフィルムをデジ1眼+マクロレンズで撮影したものを

リバーサルフィルムの広いダイナミックレンジを再現するために

HDR処理しております。


なお今回の写真は全てノートリミングです。


撮影条件ですが、
当日は雨の中の撮影でしたので、水の中は暗い状態

フィルムはISO400プロビアを使用していましたが、

開放F2.8でぎりぎりss1/200くらいの明るさでした。

写真によってシャッタースピード稼げてなくてぶれてますが、

そこは御愛嬌ということでお願いします(^^;)



まずはこの一枚。




白とび部分の諧調の残り方、とても滑らかです。

これでもスライドの実物は飛んでないんじゃないかと思うくらいディティールが残っていました。






お次はこちら。




ドルフィンスイムの風景ですが、

言われなきゃフィッシュアイとは思えない程に歪みが素直だと思います。

さすが水中専用のレンズだけありますね。

ちなみにF値は2.8

開放でこの周辺画質。恐ろしい性能です。






イルカが正面に来てくれました。



欲をいえばあとワンテンポ、シャッターを切るの我慢できたらと思いますが^^;

普段使っている50Dの連射のつもりで切ってしまうので、

次のシャッターが追いつかないことが多々ありました。

フィルムの時はじっくりその瞬間を待たないと…ですね。


ちょいブレなのはご愛嬌です(^_^;)









こちらは構図的には気に入っているのですが

奥の個体にピンが来ていて、さらにぶれてる(^^;)

諧調の見本ということで…













ペアが真下を通ってくれました。

一瞬こっちに体を向けたりして。可愛いやつです。




そうそう、今回いつも使っているデジ一眼(50D)とニコノスRS、

両方使ったのですが、

ニコノスRSを使っていた時のほうが、

イルカがこちらに興味を示してくれることが多かったんです。

水中カメラのハウジングって、だいたい色が黒とか灰色。


でもニコノスRSはちょっとカラフルなので、それがに気になったのかな?

それとも、

「うぉー!ニコノスRSじゃん!!」って見に来てたのかな?(笑)


なんて、しょうもないことを思いながら撮っていたわけです。


また次回の機会があれば(もうすこしまともな写真をを)ご紹介したいと思います(;一_一)




3 コメント:

さだ さんのコメント...

しょうさん、ニコノス活用してみえますね!
心なしかデジタルよりも優しい雰囲気に見えるのは気のせいですかね。
じゅんぺいさんにもお知らせしとかねば〜!!

Big Blue スタッフ さんのコメント...

水の色、太陽光のグラデーションは流石やね〜
ドルフィンスイムはまさにRSの強みを発揮する世界ですね。
たまに使ってみるのも価値ありますね。
ノーストロボで良ければ小さいからサブ機としてBCDにぶら下げていても良いしね。

TAKE4

sho さんのコメント...

さだ部長
腕が機材に追いついていないですが、デジタル世代から見ても、フィルムの粒状感、空気感はデジタルにない味わいがあるなと思いましした。

たけしさん
流石にストロボ撮影で使う気にはなりませんが、
基本ノーストロボのドルフィンスイムや、太陽入れた地形のシルエット撮影なんかでは、まだまだ現役だと思いました。
躯体がコンパクトなので、泳ぎやすく、さらに水中で結構重いので、潜りやすいと、スキンダイビングととても相性がいい機材ですね。

コメントを投稿