天高く

2012/10/25
抜けるような空 太陽が出ているとほっとする気候ですね。
優しいオーナーがイカを目当てにやってきた猫にプレゼントしているところです。

港の中には手のひらサイズのアオリイカがチラホラ。早朝まだ薄暗い時間帯に かわいいのが釣れました。

自分が釣ったイカをオーナー夫人に教わりながら調理し 天日干しを作りました。潮風に吹かれ めちゃくちゃ美味しいんですよ。

透明度が安定するはずのこの季節。今年はおかしいですねー。。。黒潮の位置が関係しているのでしょうか?なかなか安定しません。
そんな中 碧い水に気持ち良くホバーリングしているネジリンボウを発見です。

アケボノハゼはペアで食事中でした。

サンゴの中にはタスジコバンハゼでしょうか?ストロボ光がきれいに回るようにサンゴの隙間選びが重要です。

初めて見ました。アミチョウチョウウオです。

小さなフタスジリュウキュウスズメダイはあちらこちらで見かけます。グリーンバックで。

きれいなベラと遭遇です。アオスジベラの♀でいいのでしょうか?水深10mくらいの場所にいました。

久しぶりに観察することができました。2センチくらいでした。やはりこのサイズは熱くなりますねー。しかし”白い被写体”はカメラやストロボの設定が難しく なかなかイメージした雰囲気に仕上がりません(@_@;)

フトヤギの奥には小さめのイナズマヒカリイシモチが数匹群れていました。なかなか顔を向けてくれず一人での撮影には手強い相手です。

相変わらず美しいアカボシハナゴイです。見つけるとついつい撮影してしまいます。


” 馬肥ゆる秋 ”
自分もしっかり太ってしまうこの季節。
まるまると太ったグレ(メジナ)が岩のトップに群れていました。ちょっと地味ですが なかなかの迫力ですよ。

タイワンカマスの群れもダイバーの様子を伺いに登場です。

『 どいつを食べよーかなー 』 大好物の餌に囲まれてご満悦のハナミノカサゴです。
 
 
 

知り合いのショップさんにお願いして隣町の花火大会に連れて行ってもらいました。想像以上の迫力と 音楽とレーザーのパフォーマンスに驚かされました。やりますねー宿毛 !!

だんだんと水温が低下してきました。北西風が吹き始める前に みなさんいそぎましょう  !!!

2 コメント:

くらりん さんのコメント...

今回のお気に入りは、ネジリンボウとアミチョウチョウウオです。
おおあくび?!してる子やフタスジリュウキュウスズメダイの大きな瞳も気になります。

あっという間に、秋から冬になってしまうんだろうな…。

自分で釣った烏賊もいいですね。何事も「自分で」というのは面白くてワクワクしますね。

Lapin de mer さんのコメント...

くらりんさん
ずいぶんと水温が低下しボート上で寒さを感じるようになりました。でも生物はまだまだ元気なんですよ。
なぜか みなさんあまり撮影しないチョウチョウウオ。自分もこれまでスルーしてきた生物です。サンゴが元気になり チョウチョウウオの種類も増えてきそうな近年の柏島。これからはどんどん撮影していきたいと思っています。

アフターダイブのイカ釣り。どんどんハマっていっている気がしてます。ダイバーしかしらないイカの生態なんかが釣りに生かせるかも!?って(●^o^●)

コメントを投稿