豊かな森に包まれて

2012/08/09
大学時代を過ごした鹿児島県。自然が豊かで 食べるものの美味しく 大好きな温泉もたくさん。何度も足を運んでしまう第二の故郷です。今回は 高速船トッピーに乗って屋久島へ行ってきました。

言わずと知れた水と森の島 屋久島。 「ひと月に35日雨が降る」

台風の影響もあり 連日の雨。3日間潜る予定でしたが うねりの影響で2日間だけのダイビング。ポイントも風に強い一湊エリアに限定。。。でもでも 楽しかったですよ~~
森が豊かだからでしょうか "  生物が でかい !  "   柏島で見慣れているセナキルリスズメなんかは1.2倍 いやいや1.5倍はありそうな感じでした。目を疑いました(●^o^●)

この時期の風物詩の一つみたいです。小さな小さなイロブダイの赤ちゃんです。うねりにまけじと頑張っていました。

見たかった組み合わせです。シャコガイに乗ったセボシウミタケハゼ。

素敵なカラーリングですよねー

浅場にいるとは聞いていましたが 本当に浅かった。。。せっせと石ころで蓋をしているジョーくん。

ベニヒレイトヒキベラの幼魚です。屋久島ってけっこうベラが多いなーと思いました。

ハナゴンベもたくさん見つかりました。チビッ子サイズはもう少し時期が前だったようです。残念。。。

この子は透明感があって本当にかわいかったですよー ハナミノカサゴのチビッ子です。

「もう終わってますかねー」なんて話をしていたコブシメの産卵にも立ち会うことができました。

” ゼロ戦 ”  というポイントではカイワリの仲間が捕食をしていました。

それを阻止しようと「ゼロ戦の番人」 アザハタも存在感がありました。

小魚いっぱいで賑やか (^0_0^) 夏ですねー

ブイ元に戻ると 小ぶりのカンパチが群れていました。

その上にはツバメウオも

エギジット前には大きな群れも現れました。

これまでブログなんかで何度もコメントのやり取りをして お会いしたかった原崎さん。
なんと 元大工さん!!

この立派な自宅兼ダイビングショップもこだわって自分で建てられたとか。恐るべし !!

今回はダイビング本数が 2000本↑ 3000本↑というベテラン(こだわり)ダイバーさんとご一緒することができました。
カメラのこと 海のこと 生物のこと 『まだまだ知らないことばかりだなー』と 先日やっとこさ1000本を迎えたひよっこダイバーは思いました。






0 コメント:

コメントを投稿