桜の季節

2012/03/23
ひと足早く 高知県では桜が開花したようです。やっと日中は暖かくなってきましたね。腰痛にはうれしい半面、花粉症の自分には (+o+) 何とも厳しい季節でもあるのですが。。。
水中では春恒例の”春濁り”の現象が見られ始めました。透明度10m前後といった感じでしょうか。浮遊物がたっぷりで困ったものです。こんな時はマクロに限る。
春先といえば。。。
探せば見つかるものですねーってガイド頼みのところもあるのですが。二人ともなかなかやりますよ。次々とかわいいウミウシを発見です。

オレンジのアカエラミノウミウシに黄色いミツイラメリウミウシ。本当にきれいな色ですよね。

初めて見ました(●^o^●)お洒落な名前のキャラメルウミウシです。

ゴマ粒くらいの大きさでした。じっくり見ないと触覚すら確認できなかったボンボリイロウミウシの極ミニ個体。小ささが伝わるでしょうか?

これまたきれいなルージュミノウミウシです。いい名前を付けてもらっていますよねー。

透明度の関係でしょうか警戒心が薄れ、いろんな場所でクリーニングシーンを見ることができました。なかでもこのツノダシくん。とっても痒かったのか、こちらの気配を感じると何度かその場を離れるものの、少し目線を外すとまた「すーっ」と戻ってきてクリーニングのおねだりです。

ハナイカは恋の季節。お目当ての相手を探してヨイショヨイショ(^O^)/がんばって見つけてよ。

この季節もう一方の主役?甲殻類も充実していました。
白っぽいウニにはきれいなガンガゼエビが。あまりに色白で美しすぎて、ぜんぜん擬態できていませんでした。遠くからでも目立つ目立つ。

毛むくじゃらのサクラコシオリエビです。これまで見た中で一番大きな個体でした。これまでのかわいらしいイメージと違って。。。(微妙です)

りっぱなゴルゴニアンシュリンプも元気にいつもの場所で。青抜きもいいんですがオドリカラマツに擬態している時はゴージャスに見えて、黒抜きの方がお気にいりです。

こうやって並べてみても青抜きをしても少し濁った感じがでてますねー。
”春濁り”も海の生態系を考えると必要な現象なのでしょうが、でもやっぱり早く碧い海の戻ってほしいですね。
アオリイカの産卵も始まったし、もうすぐボラの大群もやってくるし。海の中も、そろそろシーズンインといった感じでしょうか!!次回は碧い海のレポートができることを期待して。。。(^0_0^)

4 コメント:

にゃにゃにゃん さんのコメント...

ちっさいウミウシ見つかるもんですねー!!
春のボラクーダも楽しみ☆

どんな写真撮ってくれるのか期待してますよっ♪

Lapin de mer さんのコメント...

生物を見つける”目力”が付いてきた証拠じゃない?一緒に潜るたびにそれを感じますよ(^O^)/この調子でガンガン行こうね!!頼りにしてます。
例年、4月中旬にボラクーダが出現しています。それを追ってイルカの群れも内海近くまで入ってきてるみたい。楽しみ 楽しみ

くらりん さんのコメント...

海の中も春色ですね!!
小さなウミウシたち、かわいいです。
普通サイズ⁈の写真を見た時は「この生物、何もの?」って思ってましたけど…。
ちなみに、今回のお気に入りウミウシ
⇒№1アカエラミノウミウシ
 №2キャラメルウミウシ  です。

来月、春爛漫なレポート楽しみにしています(^O^)/

Lapin de mer さんのコメント...

できるだけきれいなウミウシを探してはパチリ(^_^メ)
大きいのやら お世辞にもかわいいとは言えないグロテスクなものまで たくさん種類があるんですよ。きれいなウミウシは小さいのが多くて いつもファインダーとにらめっこです。
次回 素敵なリポートができるように しばらく 体調整えときます。

コメントを投稿