アオリイカの産卵

2011/08/25

残暑お見舞い申し上げますー。JUNです。

タオではジンベエが出たりして大盛り上がりのようですね!!
ジンベエは水族館以外にもいるのですね!!w

さて、今回も生態ネタいっちゃいます。

伊豆界隈では季節限定ではありますが、最もポピュラーに見られる生態の一つが
この、アオリイカの産卵。

ダイビングポイントでは、産卵床と称して、
木々を海に定期的に沈めて、アオリイカが産卵しやすい環境をつくっていたりします。
見た事があるヒトも多いのではないでしょうか??


でも僕、実は、初めて撮りました!笑
理由は、
アオリイカシーズンまっさかりの初夏は、透明度が悪いことが多い、
そもそも伊豆でワイドレンズをつけて潜らない、
気合いをいれて見に行くと、あんまりやってない、、等、、

ただ、この日は違っていました。
透明度も良い!
季節的にはかなり遅いけど、産卵床で結構アオリイカ産卵やってる!
この日から導入した、ワイド撮影用のコンデジを持ってる!
(コンデジはキャノンのS90 コンバージョンレンズは虫の目のやつ)


なので、今回の写真は全てコンデジでーす。


もちろんストロボ等の増強はしていないので、全て自然光で撮ります。

虫の目撮影用のレンズでしたが、こういうワイド撮影もギリギリOKじゃないですか??

動画も撮ったので載せます↓
アオリイカは、産卵時に、オスとメスがペアになって、メスが産みつけている時に、オスは上で外敵からメスを守るようにじっと見守ります。(動画をご覧ください。なんとなく雰囲気は伝わるかと、、)

卵を産む時にオスがメスを守るなんて、アオリイカのオスはなんていいやつなんだ!!
人間でも立ち会い出産する男性は少ないのに、、と、アホなことを考えながらじっと見つめます。


(動画のクオリティはそんなに高くないです。明暗差の激しい海だと、白飛びしやすいようです。)



最後の1枚は、産卵ではなく、捕食。
ニザダイの幼魚がまんまとつかまってしまいました。。


いやー、コンデジのワイドサブ機いいっすよー!!
まだ使い始めたばかりで、試運転中ですが、今回のダイビングだけでいえば、
1眼レフカメラは2軍落ちしました、、。w

これからは、僕のコンデジレポートもお楽しみに!!

では!










5 コメント:

Lapin de mer さんのコメント...

柏島ではGWから見られる産卵シーン。6月がメインかな?水温が違うと時期もずれるんやなーと改めて。かなり抜けてる感じだね。でっかいアオリイカって水中で見ると”天女”みたいで神秘的だよね。

Shing さんのコメント...

ビックリするぐらい透明度いいね〜!
これ、部長と行った時の画像??
神秘的で良いっす。。。
俄然、IOPに行きたくなりました〜!!

コンデジも大活躍みたいで。コンバージョンレンズもセットで欲しくなってきた〜。

NAOMI さんのコメント...

本当に透明度いいねーーー。
うちのコンデジは今日本で修理され中なので、
早く戻ってこないかな~~。

産卵などの生態シーンはドラマだよね。
写真を見ているとオスとメスの一生懸命さが伝わってくるようだよ。

NAOMI

JUN さんのコメント...

Lapin de merさん
こちら、伊豆でも産卵のピークは6月のはずです。水温18度くらい。
この日は、水温のとっても低い&透明度のいい潮が入っていたので、
産んだんでしょうかね??
天女・・いい表現だー。
僕は、「アオリイカを煽って撮る。これがほんとのアオリイカ」
っていう、柏島でヌンチャク振り回しているガイドに言われた一言を
いつも思い出してしまって雰囲気が台無しです。

Shingさん
そうです。部長といったときの画像!
部長はマクロレンズつけてたんで、産卵そっちのけで、産卵床の中にちょろちょろしていた、ハタタテダイのチビを撮ってましたw


NAOMIさん
でしょー。伊豆は夏場はあんまり水がよくないんだけど、ここ1、2週間はびっくりするくらい水きれいなんだよねー!
産卵シーンは、動画だよねやっぱり。うん

Big Blue スタッフ さんのコメント...

生態シーンを意識して観察すると、
例えそれが頻繁に目にする光景であっても、
神聖な気持ちになって、その尊さに圧倒されてしまうよね。

しかし、時代はやはり動画だね。
俺もそろそろツールをGetしないと。

BigBlueStaff KOKI

コメントを投稿