PAWARA出航 !! Vol.4 ライティング

2011/02/08
効率よくストロボ光を当てるには ? ハレーションを防ぐには? 白飛びを極力抑えるには? 本当にワイドは奥が深いです。
8月に訪れたタオ島で TK4顧問からアドバイスをいただき 今回は長いアームでチャレンジしてきました。
手前のスカシテンジクダイと奥のメインの被写体まで できるだけ均一にストロボ光が届くようにと このような図を書いて説明をしてくれました。理想的な B のライティングを目標に あーでもない こーでもないと 水中でストロボの位置を調整しながら悪戦苦闘の連続でした。TTL任せでは思うように光が回らないことがあり FULL発光にしてみたり 逆に弱くしてみたり。表現したい物やイメージによって変える必要があります。
乗船前に顧問から見せていただいた部長のレオパードシャーク。( 先日 ブログにアップしている写真です )左右のストロボの強さに変化をつけ 意図的に”陰”を作り サメの体表の凸凹感であったり 奥行きなんかを表現していました。見事です!その場 その場に応じて ストロボをいじれる余裕が今の自分にはまだ足りません。
アンダマン海にはユカタハタがたくさんいます。しかも警戒心がほとんどなく 寄れる寄れる(^u^) ソフトコーラルに絡んでいたり スカシテンジクダイとコラボしていたり。ライティングの練習としてはバッチリの環境でした。顧問の図をイメージしたり 部長の作品を思い出したりしながら ストロボの角度 位置 強さに注意して撮影しました。碧い海に優雅に泳いでいる雰囲気が出るようにと やや下方向から撮影しました。いや~イソギンチャクの絨毯にもう少し色が出てほしかったですー。ストロボが少し上向きだったのでしょうか?
限られたスペースでの撮影となったトマトアネモネフィッシュ。ソフトコーラルがみっちりで ストロボが触れないようにと ストロボの位置も制限され調整が難しかったです。光がうまく回らず 苦労した一枚です。
それにしても 本当に美しいアンダマン海。ソフトコーラルがこれでもかーって生長しています。
うーん 何か メインとなる生物が絡んでくれたらなーと思うこともしばしば。。。












今回のクルーズでのラストポイント ” Anita's Reef  ” 天気がイマイチで曇っていました。Kumaさんに 「マクロで行きます ! 」と105mmレンズを付けてブリーフィングを受けました。
その時にKumaさんより「昔はカメラマンがフィルムを1本使い切ってしまう 『 ホール ロール ロック 』と呼ばれている場所があります。スカテンとソフトコーラルが それは見事で !  そこにユカタハタが突っ込んで... 初めてのアニータはぜったいワイドがオススメだよ!」
カメラマンが釘付けになっている姿が頭を駆け巡り すぐにワイドレンズに交換です。Kumaさんに賭けました(^_^メ)
大正解 !!
いやー めっちゃきれいでした。 めっちゃスカテンいました。 めっちゃイソバナも元気でした。 めっちゃ ユカタハタも泳いでいました。『 めっちゃ 』の連続でした。水中でKumaさんのスレートを借りて「 ワイド さいこー 」 と書くと にんまりと笑顔でうなずいてくれました。
4日間 わくわく ドキドキの連続でした。港に着く頃には 色々なことを思い出して ちょっぴり淋しい気持にもなりました。下船後には一緒に潜ることのできなかった顧問との反省会です。写真部2人の写真を見ながらたくさんアドバイスをしていただきました。
クルーズでお世話になったKumaさん まさるくん YUTAKAくん 本当にありがとうございました。おいしい料理と素敵な笑顔でいつも明るいボートクルー たくさん話をしたクルーズのメンバー みんなに感謝です。
ぜったい オススメ PAWARA号でのシミランクルーズ。
来年も ぜったい 予約しまーす !!

12 コメント:

四八式潜水機 さんのコメント...

とうとう出ましたギャラクシイ!!

スカテンはどんどん食べられちゃうらしいので(悲)
いい時期に我々は潜れましたね。
塾長からテーマとしてもらいましたが、
渾身の一枚が撮れず自分は来シーズンへの宿題になっちゃいました。
宿題だらけです。

Anitaはそれぞれワイドとマクロで潜って
どちらも満足感の得られた思い出深いポイントでしたね。
次のブログも上げないと・・・

また来年もPAWARA合宿したいですね〜!

くらりん さんのコメント...

ソフトコーラルだけでも素敵…
ここにこんなメインがいたら、と考えるとワクワクしますね。

KUMA さんのコメント...

本当、ワイド最高ー!!
ギャラクシー美しすぎるー!!

あのスカテンにまみれて、気配を消して海の一部になっていたlapinを撮りたかった。

それにしても、色んな写真大好きダイバーを見てるけど、あれだけストロボを自由自在に使えるlapinはすごいと思います。特にあのアーム位置と向きを変える的確さ。やりますね~。
さらには上にも書いたとおり、気配を消せるスキル。素晴らしいです。
毎週末、潜ってる成果ですね。

次回PAWARA合宿、楽しみにしています!!

Lapin de mer さんのコメント...

四八式潜水機さん
いやー 楽しい4日間でした。刺激もあって毎日がとても充実していました。もう下船して1カ月ですね。はやー(@_@;)
ライティング グラデーション 今回の合宿のテーマであった2つをしっかり頭に入れて ホームグラウンドで みっちり 練習しておきます。
部長の 投稿 楽しみにしてますから。。。

くらりんさん
そうなんですよ。ここに大物現れてくれ~みたいな 場面がたくさんありました。とっても色鮮やかで 日本とはまったく雰囲気の違った世界が広がっていました。水中で感じたことを できるだけリアルに伝えられるように 頑張ります。今の自分の作品では ぜんぜん伝えられきれていないので。。。

練習 練習 そして 練習です(*^_^*)


Kumaさん
4日間 水中で勝手をさせていただいて 本当に感謝です。
ライティング まだまだです。
次回 「おー 寄り方 うまくなったなー」「おー そう撮るかー」「おーライティング工夫してるなー」って思ってもらえるように しっかり練習しておきます。
おいしい 食事もありがとうございました。
来年のPAWARA合宿もよろしいくお願いします。

Big Blue スタッフ さんのコメント...

ユカタハタ&スカテン、ライティングはバッチリですね。
そしてLapin de merさんの構図の切り取り方はいつもいつも美しいですね。
さらにユカタハタの一瞬の動きを逃さない集中力・・・
流石だと思いますよ。

自然な立体感や奥行きを表現するため
左右のストロボの強弱の使い分けも、
意識してやり出すと面白いというか奥が深いです。
そもそも自然の風景に陰が無いなんてオカシイですもんね。
この辺は大方先生や高砂淳二さんの影響を受けています。

来年のPAWARAクルーズも楽しみに待っています。
あ、タオ島のジンベエも撮りに来てね。

Take4

Lapin de mer さんのコメント...

ありがとうございます。
たまたま 被写体がくるっと体をひねってるだけで偶然の一瞬です。
ライティングはTK4さんの講義のおかげです。
アームを長くしてカオラック入りしたのも正解でした。
マクロでも 左右のストロボの光を工夫して撮影できる”余裕”を
身につけて タオ&カオラック また伺います(^v^)

何しろ ジンベエもマンタもレオパードも それにヤイトハタも。。。 まったく大物に出会えていませんからねー。その時は よろしくお願いします。

sho さんのコメント...

1枚目のスカテン、ユカタハタ。キレイですねー!
ワイド好きとしては思わずよだれが出てしまいました。

スカテンとハタはよく見る組み合わせなのに、
なかなか両方が揃ってなおかつハタが手前に居る絵というのは
なかなか撮れないいんですよね、きっと殺気(撮気)ムンムンで
逃げてしまうんでしょうね(笑)
気配を消すテクニックなんてあるんでしょうか><

参考にさせて頂きます^^

Lapin de mer さんのコメント...

そんなのあったら教えてほしいですよ(^_^メ)
ナイトロックスを使ったおかげで 水深18mくらいだったでしょうか ずいぶんと粘れました。近すぎると ハタが通過しないし 離れすぎると うまくまとまらないし。。。その中間を自分なりに見極めて ひたすら ”岩”のごとく シャッターチャンスを待ちました。アンダマン海のハタは人懐っこいから 他の海に比べたら 撮りやすいと思います。一度 プレシャーを与えても また戻ってきてくれます。フレンドリーな奴ばかりでしたよ。
そうそう 目線はできるだけ 合わさないようにはしています。ちらっ ちらっと 確認しながら(●^o^●)

JUN さんのコメント...

1枚目、すごい綺麗ですし、迫力がありますねー。
僕は、こんなに寄り切れませんでした。。。

目線をあわさないように・・wたしかに、ふときがつくと横にいたりするんですよねぇ。。

Lapinさんの写真毎回楽しみにしてます^^

Lapin de mer さんのコメント...

JUNくん
ありがとう。
魚ってダイバーのこと 本当によく見ているなって思うことがたくさんあるよね。ダイバーが目線を合わせないとリラックスして いい表情をしてくれたりかわいい動きをしてくれたり。中にはダイバーのことなんか関係なく フレンドリーな子もいるけど(●^o^●)
やっぱり 自然な動きや表情をしている瞬間を一枚におさめたいから”撮気”を消すこと 魚が嫌じゃない寄り方とスピード もっともっと練習しないと と思っています。
ダイバーしか経験できないこと感じられないこと がんばって多くの人に伝えられるよう お互い頑張ろうね !!

Shing さんのコメント...

みなさん仰る通り、たまげるくらいキレイだなぁ。
どの写真も◎!
2枚目は、ユカタハタはしっかり色が出てるので、下のイソギンチャクは逆にこの感じが素敵だなと思いました。うまい。。。
集合写真見てたら、去年いたボートクルーもちらほら。
来年は。。。@^^@

Lapin de mer さんのコメント...

Shingくん
2枚目 自分も大好きなんやけど 太陽が~(@_@;)
プリントしたら そりゃ ひどい結果に。。。
チュンポンのハナビラの集団も もう一回 撮りたいなー。
流れが適度にあると ホバーリングして 撮りやすかったよーな。
節約生活しおかんといかんなー。潜りに行きたい所ばかりや。
本当に 来年は PAWARA写真部合宿やなー !!

コメントを投稿