第2回 岩手サーモンスイム Vol.2

2011/12/05 3 コメント

第2回 岩手サーモンスイム vol.1

2011/11/29 5 コメント

光を操る

2011/11/18 8 コメント

" 初 " の。。。

2011/11/08 9 コメント

三陸を楽しもう!

5 コメント

帰ってきた岩手サーモンスイム!

2011/10/27 5 コメント

★御蔵島ドルフィンスイム★

2011/10/20 4 コメント

5 年ぶりの。。。

2011/10/13 13 コメント

マンタシーズン in 石垣島

2011/10/09 8 コメント

みなさま、こんにちは。
先週石垣島に行ってきたので、ご報告致します!
ちょうどこの時期台風の発生が多く、事前に確認していた週間天気予報も毎日雨の状態で台風だけは発生しないでほしいと願うばかりでした。
実際訪れた際は予想を裏切り天気は晴れ!台風の発生で波・うねり等あり潜れるポイントは限られましたが、毎日天気は晴れで予定通りのダイビング本数をこなせました。
今回石垣島を訪れた1番の目的は、マンタ!
デジ一にしてからマンタを撮ってなかったのでぜひかっこいいマンタ撮りたいと思っていました。

私が訪れた日は午後からのダイビングでしたが、午前中2本目のマンタシティーポイントで10枚ほどのマンタが見れたそうです。この時期はマンタシーズンでかなり期待しておりました。

ダイビング2日目、石垣島のダイビングポイントで一番有名なマンタスクランブルに行きました。
有名なポイントだけあってボートが数えたら17隻ほどありました。すごいですね。
エントリー後すぐに1枚のマンタが現れるとまた別の方から2枚、3枚と次々に現れ興奮しました。合計で7枚くらいは居たでしょうか?
石垣島でマンタを見る時はルールがありクリーニングステーションの上は移動しない、マンタの進路を邪魔しない(着底か岩に掴まる)等あり、写真を撮っているとついつい浮いて行ってしまう傾向があります・・・。ですがじっと我慢。マンタの方から寄ってきてくれるのを待つばかり。
実際にマンタの方から近くまで寄ってきてくれるので満足のいく1本でした。





今回10本潜った中でワイドは2本だけ、海況の影響でしたが目的のマンタが見れたので良かったです。
数少ないワイド写真ですが、カスミチョウチョウウオの群れ。
石垣島の青い海と黄色と白のカスミチョウチョウウオがマッチします!


それと、いっぱいの海シダとお魚1匹。
もっとお魚が群れていたら良かったのですけど、周りにはあまりいず残念。
ですがとってもきれいでした。


ワイドは以上。次回はもっとワイドを撮ってみたいです。
これは、バルタンシャコ?名前は・・・。


こちらは、コモンヤドカリ。
あまり動かないので写真撮りやすい。


続いて、モンハナシャコ。


ざっと甲殻類が続いたので、次はかわいい系。
まず、ミナミハコフグの幼魚。
今まで何度か見た事はあったのですが、ちゃんと写真を撮れたのは今回初めて。
岩穴の中に居て中々出てきてくれないのですが、たまに見え隠れする瞬間を捕らえました。


続いて、イシガキカエルウオ。
ここで撮りたかった写真です。
下の顔だけ出してる写真を撮りたかった。


次は、ムレハタタテダイyg。
ちっちゃくて超かわいいー。


次は、ゴマモンガラyg。
初めて見ました。これもムレハタタテダイygと一緒の場所にいました。
幼魚はかわいいですね~。襲ってこない!でも威嚇してるのかな?
大人のゴマモンガラは、ダイバーの天敵ですが。


次は、アフロガニじゃなくて、シイタケジージ。
見てるだけで癒される。かわいすぎ。こいつの頭の形はいいですね。
もう一匹いたのですが、頭がちょっと・・・。


続いて笑いボヤ。
大きな口を開けて笑ってるみたいですね。


続きまして今回お世話になったガイドさんから、以前取材で訪れた私も憧れる水中カメラマンの方が、魚の正面顔を撮っていたとの事でいくつか真似してみました^^;
オグロトラギス他の正面顔。


続いて、イレズミフエダイ。
パラオでは群れているそうですが、ここ石垣島で見るのは超レアとの事。
警戒心が強いので中々近づけず遠くから1枚。



最後にオビイシヨウジ。
ちょろちょろ動き回っているので撮るのが難しかった。

小笠原ドルフィンスイム&ホエールウォッチ

2011/10/05 8 コメント

【速報】ついに三陸の川に帰ってきた!

2011/09/28 6 コメント

タオシーズン、まだまだ好調!

7 コメント

小笠原諸島に行ってきました!

2011/09/23 12 コメント

三陸ボランティアダイバーズにて(海編)

2011/09/19 7 コメント

Tao島マクロ編

2011/09/09 7 コメント

☆屋久島☆ダイビング

2011/09/08 6 コメント

Kerama Blue

2011/09/06 8 コメント

登場! in Koh Tao

2011/09/01 7 コメント

★初投稿★ タオ島ライフ2011夏

2011/08/25 11 コメント

チャバ会水中写真部ブログをご覧のみなさん、初めまして。

この度、タケシ顧問及びShing君にお誘い頂きチャバ会水中写真部に入部した"KAT♂TUY"です。
HNも考えて頂きました^^;

ビッグブルーさんにお世話になるのは、今回で4回目(タオは2回目)になります。
前回のタオ島は、昨年の同時期に来たのですが透明度が悪くタオの魚影の濃さを感じる事が出来なかったのですが、今回はタオの魅力を十分感じる事が出来ました。

デジイチは昨年の9月に購入したので、タオ島での使用は初になります。
まだまだ写真の事は全然わからないので、これから少しずつ試行錯誤しながらいい写真が撮れる様、精進していきたいと思います。

さて、今年のタオ島滞在は8/3~15までの約2週間ほど潜り倒したのですが、コンディションに恵まれ海も陸も十分楽しめました。そんな中で撮れた写真を紹介したいと思います。

まずは、ワイドから。
タオの外洋ポイントであるチュンポンピナクル・セイルロックでは流れも程よくあり、シェベロンバラクーダとギンガメアジの群れが何度も見れ、エア切れ起こすぐらい興奮してシャッターをきっていました。(実際エア切れ1回、迷子1回しました^^;ゴメンナサイ。。すべては魚影が濃すぎるのが悪い!)



続きまして、ホソヒラアジとキンセンフエダイの群れ。一番上はマンゴーベイのホソヒラアジ。太陽光が入る浅場で群れている為、自分には明るい場所での撮影は難しいです。2番目、3番目はチュンポンピナクルでのホソヒラアジとキンセンフエダイ。サーモクラインの中だったりしたので中々
満足のいく写真を撮る事が出来ませんでした。



こちらは、シャークアイランドでのツキチョウチョウウオの群れ。探しても探しても見つからなかったので諦めかけていたところ、見つけられた時は本当にうれしかったです。おかげで帰りは流れに逆らう形でしたので結構疲れましたね・・・。


次は、チュンポンピナクルで出会ったヤイトハタ。チュンポンピナクルは何度も潜っていましたが、サーモクラインの下にいるせいか中々出会う事がありませんでしたが、この日は運良く2本とも見る事が出来ました。キンセンフエダイと一緒に撮って見たかったですが、いない場所でしたのでブラックコーラルを両側に挟んで撮って見ました。


次は、非常に流れがある中で撮ったクロリボンススメダイの群れ。何匹いるか数えられないくらい群れていたので、流れがある中では迫力ありますね。



次は、ハナビラクマノミとマブタシマアジ。ここのマブタシマアジは、いつも同じところで群れていて通過するたびにシャッターをきってしまう個人的に好きなポイントです。


次は、ロクセンヤッコのペア。仲よさそうに泳いでいたので、ついついシャッターを。


次は、ラムティエンベイのウミウチワ。他にもハーブコーラルもありタオじゃない様な光景でした。


次からマクロ。
まずは、オイランシーワールドで粘って撮影したオイランハゼ。
今回初めてトライ出来て良かったです。100分以上同じ場所でわずかに開く瞬間をひたすら待っているのは結構楽しいですね。もっといてもいいくらい楽しかったです。


次は、ツインズで放置プレイで撮影したギンガハゼのペア。ここも何度も行っていますが、飽きないポイント。いつも放置プレイしてもらってるから、たまには他も見た方がいいのかな?


最後にタオの夕日。
タオ滞在中、何度もこの夕日を見れて良かったです。