カオラックで会いましょう

2010/12/22
いよいよ年末年始のシーズンですね。写真部メンバーからも何人かカオラックへ来てくれます。海のコンディションは上々。一緒に潜るのを楽しみにしています。


ご存知の通り、浅場のハードコーラルが白化でやられていますが、少し深度を取るとアンダマン海らしい綺麗なソフトコーラルがびっしりで、写真映えする風景がいたるところにあるのでご安心を。

上の写真は、ピンク色のイソギンチャクに住むクマノミです。固有種という訳じゃないけど、イソギンチャクの色が綺麗なのでオススメの被写体です。7D&60mmマクロで撮るとこんな感じです。




2〜3枚目のはINONのマイクロセミ魚眼リレーレンズで撮ったものです。最近購入したノーチカムハウジングに取り付けることが出来るのですが、このレンズ越しに見える世界は面白いです。

同じ被写体でもレンズを変えるとイメージも変わるでしょ?


元気なサンゴがびっしりのアンダマン海。カラフルな背景で切り撮ってみて下さい。

では、もうすぐカオラックで一緒に潜るのを楽しみにしています。

take4

7 コメント:

Lapin de mer さんのコメント...

こうやって2枚を並べると ますます”魔法のレンズ”が魅力的に感じますね。別の生物に見えますよ。眼がくりくりっと(●^o^●)

今回は3枚目のようなワイド中心で攻めたいと思います。
マンタ レオパードシャーク そして ジンベエーーー!!

ナイトロックスで がんがんダイブ 本当に楽しみです。色々な話や撮影方法 考えただけでワクワクです。
今回もよろしくお願いします。

では カオラックで(*^_^*)

sho さんのコメント...

2枚目の写真、やられました~、
結構いろいろ言われている虫の目レンズ、
早速使いこなしているようで、ニクイです(笑)

何気なく撮っているようで、一枚目の写真もかなりハイレベルです(^_^;)なんか、自分の中でもうそろそろスルーしてもいいかなーと思言いつつな被写体ですが、こんなの見せられたら、まだまだクマノミ撮りようがありますね。
勉強になりました!
年末年始は秋野さんをやっつけてきますね(笑)

四八式潜水機 さんのコメント...

虫の眼レンズ・・・
要さんの西表の写真からずっと気になる存在でしたが、
やっぱり面白い絵が撮れますね。
扱いの難しさとまだまだ今の機材でやる事があると思って
手を出さずにいましたが、やっぱり気になっちゃいますね。

よかったらカオラックで是非見せてください。

あと数日でそちらに向かいますので、
またよろしくおねがいいたします。

Big Blue スタッフ さんのコメント...

Lapin de mer さん
ワイド中心ですか!
透明度良いので思いっきりワイド三昧して下さい。

sho君
このレンズ、魚眼と言うだけあって、
撮り方によっては魚がデフォルメされて、
いかにも!って感じの写真が撮れるのですが、
決してその構図が自分の好みって訳でもないのですよね。
このレンズ使ってるからといって、必ずしも極端な写真を
撮らなければいけないという訳ではないですからね。
試行錯誤の日々ですが楽しいですよ。(笑)

四八式潜水機 ちゃん
もうすぐですね〜。
では、カオラックでは思いっきりこのレンズも覗いてみて下さい。
一緒に潜るの楽しみにしています。

take4

横チン さんのコメント...

懐がさびしくなって全然、潜れていないので、海の写真を見ると恋しくなるばかりです。シミランのカラフルなソフトコーラルをまた撮りたいなあ…。ところで、マイクロセミ魚眼リレーレンズって、虫の目レンズとは違うものなんですか?僕のジリオンのハウジングにも取り付けられる方法はありますかね??

Big Blue スタッフ さんのコメント...

横チンさん

いわゆる虫の目レンズっていうカテゴリですが、もともと昆虫写真用に開発されたとかでこの名で呼ばれています。そのアイデアを水中に持って行こうということで、いくつかの開発者が水中用のレンズを出しています。そのうちの一つがINON社製のレンズということです。

ジリオンハウジングに取り付けられるタイプのものもあります。もし興味があるなら情報教えますよ。でも、そんなにいろんなシーンで使えるレンズじゃ無いですよ。僕はこのレンズでどうしても撮りたい絵があったので購入しました。まだ、その絵は撮れていませんが・・・。

Shing さんのコメント...

ご無沙汰してますー。

セミ魚眼ならではのクマノミのこの絵、とっても好みです。
他の被写体での作例も見てみたいです。クマノミ以外の◎な作例は、あまり見た事がないので。。。

今年は、金欠でカオラックは断念しました。来年は、行けるように頑張ります!

コメントを投稿