水温23℃!?

2010/12/06
いやー すっかり冬らしくなってきましたね。いつものようにサバイバルダイビングの朝 テントから出ると いつの間にか かわいい子猿を抱いた大集団に囲まれていました。
「うお~これを逃すわけにはいかない」とあわててレンズを交換して 子猿の撮影決行!!
ゆっくり ゆっくり 地面に這いつくばって 戦場カメラマンのように(^◇^)いやー めちゃくちゃ かわいいでしょ。


確か5月にもベビーラッシュがあったので これが2回目のベビーラッシュのはずです。

日中の最高気温も下がり だんだんと ロングダイブが身にしみる季節になってきました。(とか言いながら 100分オーバーの連続ですが...)
そうそう。先月の『キンギョの舞』から気になっている ”キンギョ根”
潜るたびに そのあたりを偵察しています。水温も24℃から あれよあれよと12月5日現在で21℃。一気に低下してきました。でも外気温より 水温の方が高いので エントリーすると 「ぬるっー」
先日 TK4さんも所属する 「ガイド会」のブログを何気なく閲覧していると タイムリーな記事を発見!  レンテンヤッコとコガネヤッコの産卵行動について 小笠原の南俊夫さんが掲載していました。♀のお腹から卵が出た瞬間とか 2匹の寄り添うショットとか 熱い写真ばかりで 目が釘付けになりました。”これは 直接話を聞いてみないと!” と ネットで南さんのことを調べ すぐに電話 「あのうー ガイド会のブログに載ってた レンテンヤッコの記事を見て 連絡しました。はじめまして。。。」今思えば よく電話したなー 逢ったことも 話をしたこともない人に(^_^メ)
初めは 何のことか分からなかった南さんも だんだん話が見えてきたようで ヤッコの生態や産卵行動のメカニズム 撮影の様子やカメラの設定のことまで 詳しく教えていただきました。どうやら ヤッコは 水温が一定温度をキープしていると 毎日のように産卵を繰り返しているそうです。今 観察を 続けているのは♂1匹に♀2匹のハーレムで 連日のように 産卵行動を繰り返しているそうです。ハナダイの仲間も同じように 連日のように 同じ個体が産卵をしているのではないかということでした。

キンギョ根を観察し始めた時は水温24℃の頃。その時は♂のダンスに♀がすぐに答えて 放卵&放精の繰り返しでした。その後は ♂はダンスをしきりに踊るものの それに答える♀の数は極端に減ってしまいました。水温が23℃を下回り始めた頃です。現在の水温21℃では ♂のダンスもほとんど見られなくなりました。もしかすると 水温23℃というのが 産卵行動をする 最低水温の目安なんかもしれないですね。また来年 水温が23℃を上回った頃に観察できることを 楽しみにしておきます。(メモっとこー)


それから 岩陰を覗くと この夏に生まれた赤ちゃんでしょうか?小さな個体をたくさん目にします。その中でも とびきり小さい かわい子ちゃんを選んで!   というか キンギョハナダイもそうですが 岩の奥には 大きな個体が逃げ込み 小さな個体は はじき出されることって多くないですか?カメラマンにはありがたい話ですが 魚にとっては。。。眩しいのに ゴメンナサイ。
クマノミも だいたい 小さな個体が カメラマン側に はじき出されているような。魚の世界も厳しい~~
キンギョ根で撮影をしていると すぐ下を レンテンヤッコが 時々通過します。大きいのやら 小ぶりのやら お腹の大きな でっぷりとした個体まで。南さんの言うように キンギョ根付近にハーレムを作っているのかもしれません。ただ ヤッコは日没後しか産卵行動をしないそうなので 日没までしか潜ることのできない 「後ろ浜」では観察ができません。きれいなカラーリングなだけに 2匹のラブラブシーン ものすごく撮影してみたいのですが 残念。。。

南さんと 話をしていて ますます 生態行動に興味が湧きました。こうやって 遠く離れた小笠原にも 毎日のように 産卵行動を観察している熱い人がいるのだなーと。
いやー ガイド会の方はみんな 本当に熱いっすねー!!            ガンバロー

本日 エアーのキャンセルが発生したとの連絡がありました。ついに ”PAWARA号” への乗船です。同じクルーズには なんと 四八式潜水機さんが!! 心強いです。
Big Blueのスタッフの皆さんも よろしくお願いしまーす(●^o^●)


6 コメント:

四八式潜水機 さんのコメント...

こんばんは。
いつもブログ更新ありがとうございます。
四季移り行く柏島レポート毎回楽しみに読ませてもらってます。

猿も出るとはかなり山がちの場所なのでやっぱりいるんですねぇ。

それにしても生態のあくなき研究心すごいです。
23℃で100分超ダイブってのもおそるべしです。
またいろいろ話を聞かせていただけると勉強になります。

年末エアーのチケットとれてよかったですね!!
実はお会いできるのは初めてになりますが楽しみにしています。
PAWARA号満喫しましょう!!

Lapin de mer さんのコメント...

本当に船酔いが心配で。。。クルーズで役に立つことや持っていると便利な物なんか あったら教えてください。

さすがに現在の水温21℃は 出た後にかぶるお湯が たまらなくうれしくなってきました。生物を自分で探して ファインダーを覗いていると どんどん時間が流れて。気がつけば 80分 100分と(*^_^*)浅場が中心なので エアがもつので ついつい。
PAWARA号 楽しみです。~碧い海で がっつりワイド~出てこい マンタ!ですね。

Shing さんのコメント...

パワラ乗船決定、おめでとうございます!
船酔いはほとんど心配する事ないと思いますよー。揺れても酔う感じの揺れではなかった気がするし...。

lapinさんの記事、毎回勉強になります。
同じポイントに何度も潜っていると、生態に興味が向いてくるんですかね?
自分も早く、その境地に行きたいものです。

Lapin de mer さんのコメント...

いやー船酔い心配やでえ~(*_*) やっぱり。
休憩や睡眠も船の上。当たり前やけど 苦手な自分には。。。
海と体のコンディションがいいことだけを願うだけです。
チャバ会のメンバーと一緒に潜れるので すごく楽しみです。
しっかり 色々なことを勉強してきたいと思います。

以前は生態についてガイドされても「ふ~ん」とスルーやったけど、最近マクロでも 2匹のやり取りなど 『意味のある瞬間』を写したくなって。ついついバックの色目のきれいな場所ばかり探すのから 地味な場所でも 魚の動きや目線が気になるようになりました。好みは変わるものやなーと自分でも 過去の写真を見返してよく思います。

柏島は生物が豊富で 誰でも簡単に目当ての生物や珍しい生物が見つけられる  ”魔法の海”
みんなが 撮影していない 「なんやーこれ!」「すげーこの瞬間!!」「めっちゃ  鰭開いて すんげー!!!」みたいな 夢のような瞬間を目指して頑張っています。
ガイド会の方々 ほんまにすごいで!!ガンバラねば(^0_0^)

とよみん さんのコメント...

カオラック行き、決まってよかったですね!
しかも四八式さんと同じ日程のクルーズなんて、
楽しそう♪
我家もカオラックにすればよかったとちょっと後悔・・・。
クルーズはなんとかなりますよ~。
だって船に弱い四八式さんが乗船するんですもの。
また帰ってきてからのお写真、楽しみにしてます(^^)

Lapin de mer さんのコメント...

いやーどうなることかと思いました。半分あきらめていました(^_^メ)
チャバ会メンバーと同じ日程なので 本当に心強いです。
ブログにアップできるような写真が一枚でも多く撮れるように 船酔いと戦ってきます!
船に揺られて 揺られて 揺られて。。。やっぱ 心配です。自分もかなり弱いので。
天候に恵まれることを ただただ願うだけです。

コメントを投稿