クマノミ観察日記

2010/10/08
例年にない今年の夏の暑さ。特に四国は連日の酷暑で35℃なんて当たり前。どうやら水中も相当被害を被ったようです。柏島のダイビングポイントの一つ 「竜の浜」では、毎年イソギンチャクが白化して淡い色のイソギンチャクが見られます。しかし 今年は 「後ろ浜」でもいたる所に白化したイソギンチャクが見られます。((+_+))

<産卵 1日目>

1本目。やっと透明度も安定し(15m20m) 「よーし ワイド狙うぞ!」しかし 本来の目的(カメ、ツバメウオ、カマス、グレの群れなど)は果たせず そのうち白いイソギンチャクとクマノミをワイドマクロ的にとシャッターをパチリ パチリ。。。その時は  
「しかし えらい 隣の岩をパクパク掃除してんなー」と思って撮影していました。


2本目。透明度が落ちてきたのでマクロ60mmに変更。点在する イソギンチャクを回り 先ほどのお気に入りのイソギンチャクに決定!!  「ん!?なんじゃー!?めっちゃ 卵産んどるしー!!オレンジで めっちゃ きれいやん!!」たった3時間くらいの間に みごとに びしーっと。
















<産卵 2日目>

産卵2日目

「あのオレンジの卵と白いイソギンチャク それと碧い海も絡めて。。。」とイメージを膨らませながらテントで 朝を迎えました。碧い水も入れたくてワイドレンズを選択しました。透明度もそこそこで クマノミとのにらめっこのスタートです(^u^)
ファインダー越しに クマノミの視線をガンガン感じながら何度もシャッターを切りました。1匹が イソギンチャクから離れて パトロールに行ったり 帰ってきて 仲良く 二匹そろって胸鰭で 新鮮な水を卵に送ったり 口で表面についたゴミを取ったりと。献身的に 卵を 守っている様子が観察できました。







<産卵 8日目>

週が変わり。。。 またまた 柏島に出動です。目的は もちろんクマノミの撮影(観察)です。
1週間前より 透明度も上がり(20m↑)気持ちよく潜れました。ぐるーと他の被写体を撮影して クマノミの場所へ。「何!? もう 目が出来てる!!」

オレンジの卵が 黄金色に変化し クリクリの目が(^O^)
先週よりも クマノミ夫婦は ピリピリムード。鬼の形相でこちらを睨んでき ました。
「こいつ また 来たでー ピカピカ 眩しい でっかいの持ちやがって!」という感じでしょうか。

少し 卵の形が変わっているので 何かに狙われたのかもしれませんが ほぼ1週間前の 状態をキープしていました。もうすぐ ハッチアウトなんだろうなー。うーん 観察したい~!!


産卵8日目

一つの生物を継続して観察することは 自分にとって初めての経験でしたが 「卵を守る生物の必死さ」を 近くで感じることができました。同じポイントで 一つの生物を狙って繰り返し潜ることは難しいですが、たまには こんな ダイビングも楽しいですね。
今回の“生態シーン”本当に熱かったです!!



11 コメント:

- Khao Lak さんのコメント...

野生生物の生態観察や撮影はダイビングの醍醐味のひとつです。
ワイドの構図で切り取っているのが雰囲気出てて良いですね〜。

今年のタオ島は結局サイリービーチのトウアカクマノミが産卵しませんでした。。。
ツインズやグリーンロックなどのもう少し深いところでは産卵してましたが、これは浅場での高水温の影響と考えられます。
白化現象など、地球規模の温暖化の影響を肌身で感じる事ができる我々ダイバーが日々の暮らしを見つめ直してエコな存在でありたいものです。

take4

Lapin de mer さんのコメント...

カッチュウソウの抜けた 淡い色のイソギンチャク。カメラマンには たまらない被写体ですが 皮肉ですよね。
柏島も近年 これまでは 越冬できなかった生物が冬を越すなど 少しずつ 生態系も変化してきていると聞きます。サイリービーチ 心配ですね。
今月 23日・24日には YUTAKAくんが柏島に来ることになっています。一緒に潜るので また タオの様子を聞かせてもらおうと思っています。
そうそう アームを 一間接分 伸ばしましたよ(●^o^●)
”ライティングにこだわった写真を!”と またまた 明日から 柏島です。

Shing さんのコメント...

ワイドクマノミ素敵です!!
マクロはマクロで、イクラみたいで美味しそうな卵♪
目が出来ると、だいぶ色が変わるんですね。
こうして見てみると、よくわかります。
ここまでくると、ハッチアウトも見てみたいです!
連日、仕事休んで通って下さい〜(笑)

Lapin de mer さんのコメント...

Shingくん
きっと もうハッチアウトしたんやろなー。今日で産卵16日目。
今から 柏島に出発です。天気が悪く 出発が一日延びたけど クマノミ夫婦もう一度 観察してきます。ほんま 仕事しながら ソワソワの連日でしたわ(@_@;)

sho さんのコメント...

これだけちょこちょこ潜ると同じ個体の観察が出来ていいですね!
タマゴもおいしそうです(^_^;)
ハッチアウトもみたいですねー、見れたらいいですね。

にゃにゃにゃん さんのコメント...

生き物の親から子に対する愛情ってすごいですよね!!
人間もそうであって欲しいです。

クマノミさん達の頑張ってる姿が素敵ですね。
卵もツヤツヤできれい☆

週末はどうっだたのかなぁー?
報告楽しみにしています♪

Lapin de mer さんのコメント...

shoさん
にゃにゃにゃんさん

続けて 同じポイントを潜れるのは セルフダイビングのいいとこです。自分で見つけた生物なので ワクワク ドキドキ 愛情いっぱいで 観察していました。
サイリービーチのトウアカクマノミも夕方にハッチアウトするみたいです。8日目の観察であれだけくっきり 目が見えていたので 10日目 12日目くらいに ハッチアウトしたのでしょうか?もう ひとつ残らず 巣立っていっていました。
でも 夫婦の ”険しい目” 
「こいつ ほんま こりへんあ!残念でした もう 巣立っていったで!」と言いた感じだったでしょうか(^_^メ)

SOTAKOKI さんのコメント...

時系列で並んだ写真と文章、素敵ですね!

こうして定点観測が出来るのは、
ダイバーの中でもホームグランドを持つ、
限られたダイバーだけの楽しみですね!

そうそう、今日サイリーで潜っていたら、
トウアカクマノミが産卵床を掃除していました。
半年間の沈黙を破って、いよいよ産卵期かもしれません。


ビッグブルー   KOKI

Lapin de mer さんのコメント...

本当に ホームグラウンドがあるって(近い!?)うれしいことです。
ガイドつきでは 他のゲストとの関係で 同じポイントに入ることは難しいことですが 自分の場合は セルフ・ビーチなので その点は助かります。もちろん 自分で生物(被写体)を見つけないといけないことにはなりますが。
でも 柏島では 誰でも たいていの生物は 生息する環境を把握さえしておけば 自分で十分探せるくらい 生物が豊富なので 助かっています。
よかったですね(*^_^*)サイリービーチのトウアカクマノミ!
水温の上昇がいろんなところに影響していることを考えさせられた夏でした。

柏島のイソギンチャクも水温が25度に落ちてきたこともあり 少しずつ 色を取り戻してきました。

四八式潜水機 さんのコメント...

柏島の定点観測いいですね~!

同じポイントでもほんの数日で変わる光景を追えるのはうらやましい限りです。
同じ日でも何気にワイドとマクロ両方おさえておられるのも流石ですね。

卵全てが大人にはなれないと分かりつつも、
元気に育って欲しいと願わずにはいられないですね。

Lapin de mer さんのコメント...

四八式潜水機さん
クマノミ夫婦の 献身的な子育て 感動しました。
いつも バックの色がきれいな被写体ばかりねらって 写真を撮っていましたが。最近は 生態シーンを観察したり 撮影することが 好きになってきています。撮った作品の中に ストーリーがあるのがいいです。
さあ どのくらいの割合で 成魚になれるんですかね?1匹でも多く そうなってもらいたいものです。

コメントを投稿