〜Koh Tao レポート vo.2 #フルディトリップ〜

2010/09/13

パタヤで数日、旅のクールダウンをして、数日前に日本に帰国しましたShingです。
滞在中、アイツには出会えませんでしたが、今回も楽しいダイビングライフを送らせてもらいました。

ゲスト投稿もしてもらったLapin夫妻、写真部を脅かす才能の持ち主の元BBスタッフYさん、色々な事を教えてくれた知識豊富なカメラマンのSくん、体調悪くしたボクを気遣ってくれた鳥取のK&Nさん夫妻、帰りも一緒だった仮面夫婦(笑)のTさんとJさん、そしてふらっと現れた写真部メンバーの横チンさん・・・。などなど、一緒に潜らせてもらったメンバーにも恵まれました。たくさんの方と同じ船に乗り、共通の魚を見て盛り上がる。これがボートダイブの楽しさのひとつですね。。。

皆様どうもありがとうございました!

ということで、
今回はフルディトリップの報告をさせてもらいます。
フルディは昨年2、3度行きましたが、このセイルロックというポイントは、皆さんもご存知の通り、非常に当たり外れが大きいポイント(※透明度という意味で)としても知られてますよね。ボクもその洗礼は去年受けていて、今年は滞在中、1度のだけのチャンスだったので、行く事すら少し躊躇いました。

しかししかし、今回はかなり当りの方。
下の方はサーモクラインがかかってニゴニゴでしたが、それ以外の抜けている所は20m近くあったのではないでしょうか。20mも抜けていれば、周りは魚、魚、魚。このポイントのダイナミックさを目の当りにできます。

まずは、ギンガメアジの群れ。
あとで、TK顧問に「ギンガメに360°巻かれとったで〜」って言われるくらいすごい数でした。1万匹くらいいたのでは??
途中で、撮るのを止め、しばらく360°ギンガメの世界に浸ってみました。
スローシャッターなども試みてみましたが、いきなり撮れるものではないですね(汗)
シャッタースピードとカメラを動かすスピードのバランスを掴まなくては。
これに関しては、次回にリベンジです。

この他にもセイルロックは群れの嵐。
雨のように降ってくるクロリボンスズメダイの大群
ホントは奥のツキチョウチョウウオをメインで撮りたかったのに。。。

ホソヒラアジとジャワラビットのコラボ
セイルロックは、そこら中でコラボ遊泳が見られます。

そして、クマノミと並んで好きな癒し系、ツバメウオ。
コイツは寄るのが難しいので、TK顧問の指示に従い、先に回り込んで撮影。
でも、毎回結構寄らしてくれるので、フィラメンタスブレニーとこのツバメウオは、勝手に友達だと思っている(笑)


上がってきて、移動中のボートの中で、いったい1回のダイビングで何匹の魚を見れたんだろう?って話になり、、、
どのくらいだと思います?
全てを合わせたら、1ミリオンくらい居たんじゃないかという結論に。

というわけで、圧巻のセイルロックより、Shingがお届けしましたー!

■2010.09.03 セイルロック 透明度5m〜20m

12 コメント:

Lapin de mer さんのコメント...

Shingくん あれ?? 今回はマクロの特訓にタオ入りしていたのでは(笑)
ワイド さすが ですねえ!!
自分も 到着した 翌日が フルデイの日で 何もわからないまま
「じゃ 明日 よろしくお願いします」みたいな。
ツバメウオ 柏島では せいぜい 2から3枚。何十 百何十 という群れは
初めてで かなり興奮しました。 いや タオはワイドが熱いねえ!!

四八式潜水機 さんのコメント...

Shingさんおかえりなさい。

それにしても360°のギンガメすごい!!
ツバメウオの枚数も半端じゃないですね!!

絵になるジャワラビットも初めてかも・・・
やっぱりセイルロックはたまらんねぇ。

例の奴には逢えなくても
かなり満足のタオだったみたいでうらやましいなぁ。
もう来年のGW行こうかとか考えちゃいますね!

NAOMI さんのコメント...

パタヤに行ってたのねぇ!!
なかなかアップされないなー、と噂してました。

ワイドいいじゃないですか!!
ギンガメもあの群れ群れ具合が良く表現されてるね。

vol3も楽しみにしてまーす。

NAOMI

Big Blue さんのコメント...

セイルロックの良さ、
少しは分かって頂けたでしょうか!?

透明度等によるコンディションの当たり外れの大きさが
タイでNo1のポイントとも言われますが、
BBスタッフの間では、『本気のセイルロック』は、
『本気のチュンポン』や『本気のリチェリュー』を押さえて、
タイでNo.1のポイントと噂されているのですよ。

もっともっと凄いセイルロックを撮りに来て下さい。
透明度30m、程よい流れ、いつにも増して濃い魚影、
どちらを向いても魚、魚、魚のオンパレード!
群れの向こうの群れの、そのまた向こうの群れまで見える。
そして、そこにジンベエが突っ込んで・・・

是非、『本気のセイルロック』を体験して欲しいものです。

Take4

Shing さんのコメント...

>Lapin de mer さん
その通り!マクロ特訓でタオ入りしたんですが、チュンポンやセイルでマクロレンズ付けられたら、もったいないじゃないですかー(笑)
ワイドとマクロ、どちらも楽しめるのが、タオの魅力のひとつですよねー。
レンズやポートの付け替えは、ちと面倒いですが(汗)...

横チン さんのコメント...

セイルロックもチュンポンピナクルも本来の調子じゃなかったけど、群れはすごかったね。顧問の言う「本気のセイルロック」というものを体験してみたいな。ところで、パタヤでも潜ったの??

Shing さんのコメント...

>四八式潜水機 さん
ギンガメに取り囲まれて、一瞬ひとりぼっちになった時間は、まさに至福のひととき♪この中から、もしジンベエが現れたら...と考えただけでも興奮しちゃいますね。
他の海も気になるとこですが、来年のGWはタオでジンベエリベンジじゃないですか〜?

Shing さんのコメント...

>NAOMI さん
やっぱりそういう話になってました?(笑)
vo.3のマクロネタも近日中にUPしようかなと思ってますが、最近タオネタ大盛況なので、少し時間をおこうかな?なんて、考えてまーす。

Shing さんのコメント...

>Take4顧問
セイルの良さ、思い知らされましたー。
今回でも十分興奮したので、ボクにはまだ『本気のセイルロック』を見るのは、早いのかもしれません。。。
でも、次回辺りに見たいな〜(笑)

毎年も通いますので、よろしくお願いします!

Shing さんのコメント...

>横チン さん
3日のフルディの方は、なかなかコンディション良かったですよ。今回、チュンポンがそこまで振るわなかったので、余計にセイルの良さが引き立ったのかもしれません。
パタヤは、飲んだくれでノーダイブです(笑)

SOTAKOKI さんのコメント...

セイルロック、昨日は当たり!でした。

が、僕もShingさんみたいなツバメウオの群れ狙いで行きましたが、
昨日は不在でした。。。ま、そういうもんですよね。。。

例の物、大活躍しております。ありがとうございました〜。

また来年もお待ちしております!!


ビッグブルー    KOKI

Shing さんのコメント...

>kokiさん
最近の海ログ、kokiさんのメキメキ上達している素敵な写真満載ですね。
ギンガメの写真が、特にイイ♪
例のモノ、活躍出来ているみたいで何よりです。
ちょっとした部品が見つかったので、近々郵送しますねー。

コメントを投稿