夏の思い出~Akajima~

2010/09/28
ここ3年 知り合いの紹介で 慶良間諸島のAkajimaに撮影旅行に出かけています。
白い砂浜に 碧い海 太陽にきらめく無数の魚 それに おいしい沖縄料理。海も陸も人も 沖縄をたっぷりと感じることのできる 素敵な島です。過去2年間は台風に悩まされましたが 今年は初めて 予定通り たっぷり まったり 潜ることができました。

みなさんにとって 一度は見てみたい 撮影してみたい 生物は何ですか?
私はまだ 限られた エリアでしか潜ったことがなく 撮影したい生物がたくさんいますが その中でも上位にランクされる生物 それが 「ナカモトイロワケハゼ」です。
黄色のボディーに白いライン。それにくりくりとした瞳。これまで2回のAkajima旅行では 縁無く 逢うことができず 3回目にしてやっと 出逢うことができました。しかも お腹にはオレンジの卵まで。次の日も 逢いに出かけましたが お腹の卵はなく 瓶の中に 産んだあとでした。本当に貴重な時に逢うことができました。オレンジが アクセントになっていて お気に入りの一枚です。水深35mでも 簡単に 青抜きできる 魔法の海でした(^◇^)

次は 怖い生き物特集です。
ちょうど Akajimaに出かけている間に 沖縄で オニダルマオコゼを誤って 踏んだガイドさんが亡くなるという 痛ましい事件が起きました。ニュースを見た知人から 心配してメールをもらったのを覚えています。
海には 想像もできないくらい 可愛く きれいな 生物がたくさんいます。ストロボを当てると ハッと息をのむ瞬間にたくさん出逢えます。一方 地上の危険生物の何倍 何十倍 何百倍という 猛毒を持った生物もたくさんいます。ウミヘビの毒も あの コブラの ○○倍だとか。。。(怖)

噛みつく生物も要注意です。ダイビングを始めたころ きれいなタコがいると 手のひらに乗せていたら ガイドさんに 腕をはらわれました。なんと 猛毒の ヒョウモンダコでした。過去に噛まれた人が死亡した例もあるようです。ガイドさんに水中でかなり 注意されました。グローブはしていたものの 本当に危ないところでした。




ゴマモンガラも要注意!Akajimaのガイドさんで耳を噛みちぎられた方がいるそうです。あんまり しつこく カメラを向けると 指や耳をガブッ(怖・怖)







初めてと言えば オヤビッチャの卵を無数の魚が攻撃!というシーンに出逢えました。
オヤビッチャも岩の下とか イソギンチャク近くとか もう少し 考えて産めばいいのに。。。とも思ったり。よりによって岩の表面にばしーっと。そりゃ 見つかるやろ(+o+)
チョウチョウウオにベラ スズメダイの仲間まで まったく カメラマンを警戒することなく 無我夢中でがつがつがつ。ポート面が当たるくらいまで 近づいての一枚です。



天気にも 恵まれ 碧い海とおいしい料理を 満喫することができました。泡盛 オリオン アフターダイブには最高ですよ(●^o^●)

本島からの アクセスも便利で とっても お薦めの 島ですよ!



11 コメント:

NAOMI さんのコメント...

ナカモトイロワケハゼは私も会いたかった生物の一つで、
初めて会えた時はほぼ1ダイブそこで粘りました。。。

タオでもミジンベニハゼはたまに出会えるのですが、
初めて出会えたナカモトイロワケハゼはサイズが思ったより大きく、
ビックルの瓶についていて、口が大きく観察しやすく、
ビックルの瓶がある日本がうらやましくなりました。
タイのミジンベニハゼはシンハヤレッドブルの口が狭い瓶だし、
色も茶色いので。

Akajimaは行ったことないのですが、
この綺麗なブルーを見て、是非行ってみたい場所の一つになりました。

Lapin de mer さんのコメント...

NAOMIさん
夏の沖縄は台風がつきもの。。。過去2年間は台風とバッティングして予定の半分くらいしか潜れておらず、うねりやにごりもあって 本当の 碧い海を 潜ることができていなく 今回は 満足いく 撮影旅行となりました。
四国では見ることのできない生物にも 出会えて カメラを構えていてワクワクしました。まだ まだ 潜ったことのない島ばかりなので 別の離島にも 興味があります。沖縄の雰囲気(料理、風景、喋り方)も大好きです。
碧い海 やっぱ 写真を撮っていて 最高です!!

四八式潜水機 さんのコメント...

Lapinさん、
ナカモトさんかなり素敵な写真ですね!
こんなにすっきりした青なのに水深35mですか~。
かなり気持ちのいい海が想像できますね。

来週私も沖縄に行く予定ですが、
万座毛の方でナカモトさん是非チャレンジしてみたいです。

怖い生き物シリーズ、
ヒョウモンダコの話はぞっとしますね・・・
こちらが悪さしないにこしたことはないですが、
海は危険はつきものという事を改めて考えさせられました。

Lapin de mer さんのコメント...

四八式潜水機さん
本当に Akajimaは{魔法の碧い海}でした。
白い砂がレフ板のような役目をして 砂地では
明るすぎて イメージした 絵にならなくて
絞り SSの設定が 大変でした。太陽の光も強烈ですし。
来週の沖縄うらやましいです。海も陸も楽しんできてくださいね。
リポート楽しみに待っています。

Shing さんのコメント...

「ナカモトイロワケハゼ」かわいいっすねー。
ボクの撮りたいリストにも、早速加えさせて頂きます!
危険シリーズもマジで恐いっすね。
昔、ゴマモンに襲われて以来、トラウマが。。。
今回のタオでは、襲われなくて良かった〜。
さて、やつらは魚卵いっぱい食べて、痛風にならんのか...(笑)

Lapin de mer さんのコメント...

NAOMIさん

沖縄には透明の瓶に入ったピーナッツが売ってます。実はナカモトくんを撮影した前夜 民宿で一緒に潜りに行っていた師匠(M.I)と極秘撮影練習をしていました(笑)近づいたら引っ込むんかいな?105mmかなー60mmかなー??
ほんと‘イメトレ‘していて よかったです(*^_^*)

Shingくん

まじで ナカモトくんは かわいかったよ。
ミジンベニハゼもかわいいけど いやいや ほんまに(^◇^)
ぜひ 狙ってみてくださいな。

Big Blue さんのコメント...

Lapin de mer さん

僕もナカモト〜は大好きな被写体です。
まさにアイドル中のアイドルですよね。

それにしても水深35mでこの青抜きは凄いですね〜。
きっとカメラマンも凄い格好で撮ってるのでしょうね。(笑)

Dr.R さんのコメント...

どれも透明感のある印象の写真でいいですね。
背景の青からか、海の気持ちよさが伝わって来る感じがします。

ゴマモンガラを見ると、昔ホワイトロックで襲われてロストしたことを思い出します・・・。

Lapin de mer さんのコメント...

TK4さん
這いつくばって 背中そって そりゃ 腰に悪いですよね。
ゴマモンガラの写真ですが 実は 自分の方に向かってきたので
体を反転させて カメラを動かしながら たまたま 撮った一枚です。
これが ストロボで 被写体は かちっと 止まって 周りの 泡は
動いているってやつですか?

Dr.Rさん
海の碧さが伝わってうれしいです。タオにも 恐ろしいモンガラ系 たくさんいましたね(+o+)

JUN さんのコメント...

おそくなりましたが、コメントさせてください☆
この青抜き、とても綺麗で、感動しました!

沖縄であまり潜ることのない、ぼくにとって、ナカモトイロワケハゼは念願のハゼです。
次に沖縄にいったら、1本そこで放置してほしいくらい見たいです笑

でも、この写真のイメージを超えるものは撮れないだろうなー・・笑

伊豆のミジンベニハゼで、いつかはナカモトイロワケハゼを撮るべく、練習してましたが、伊豆の砂と透明度ではこのイメージがまったく沸いてませんでした!w

Lapin de mer さんのコメント...

JUNくん
ほんと 沖縄は 卑怯な所です。笑うくらい 水はきれいだし 水中が明るい明るい。カメラの設定 いつもと ぜんぜん違うんですよ。
ナカモトくんは ピーナッツでイメトレしていて 本当によかった(*^_^*)
かなり深いので くれぐれも窒素には要注意です!
伊豆での ミジンベニハゼ また 紹介してくださいね。

コメントを投稿