コモドクルーズ 2010.08 /くぅ投稿

2010/08/25

ブログをご覧の皆さま、はじめまして。

四八式さんより声をかけていただき、初投稿となりました「くぅ」です。
タオへは2009年のGWに訪問させていただきました♪
大変レベルが高いブログさんなのでビビっております。
ですがコモドレポがないとのことでしたので、思い切って投稿させていただきます!
カメラはコンデジです。スキル足らずでお見苦しい点はご容赦くださいませ。

コモド諸島はインドネシアにあり、バリから飛行機で1.5時間のところです。
1991年に世界自然遺産へ登録されてます。北はフローレス海、南はインド洋と、北と南で全く異なった海中風景を楽しむことができます。

フローレス海は水温は高く28〜29℃、透明度は平均25m。
インド洋は水温は低めで26℃〜28℃(時には22〜3℃くらいになることもあるそうです)透明度は10〜15mです。


フローレス海に入ってすぐに思ったこと。




サンゴがすっごい!!!!!
サンゴがびっしりで海底が見えない!!
どこまでも広がるサンゴ畑の上をスズメダイやハナダイの群れが覆っていてそれはそれは美しい!!

これぞ「手つかずの海」という感じです。

移動してインド洋へ
南の栄養分を含んだ深層水が湧昇するインド洋では、
他では見られない珍しい「ホヤ」がいっぱいです。

イチゴボヤの仲間(通称ねこじゃらし)

キノコカイメン

写真に撮ると、とってもカラフルで不思議。

魅力的なホヤの虜になりました。

シーアップル(これもホヤ)にクマノミが1匹・・・

クマノミが2匹・・・んんっ?!

とじてもーたやーん(泣)


クルーズ中、
見れたお魚さんは代表的なものを挙げると、

ブラックマンタ、ホワイトマンタ、マダラトビエイ、
ロウニンアジの群れと捕食、カスミアジ・ギンガメアジの群れ、
ウメイロモドキの壁、タカサゴの河、逃げないタイマイ、
ハゼいっぱい、ジョーフィッシュいっぱい
エビ・カニいっぱい
ピグミーのトリオ
ニシキテグリのメイティング

etc・・・









最後に陸レポです。

有名どころは、砂浜がピンク色のその名もピンクビーチ
赤いサンゴが砕けたものと砂が混じって出来たそう。

そしてコモドといえば、コモドドラゴン。
体長は約3メートル。猛毒を持っていて 水牛をも食べてしまう
おそろしや〜と思いながら施設に見に行ったら、寝顔は意外と可愛い。
でも爪がね〜 。



ゲスト投稿のくせに長くなってしまいましたが、少しでも参考になりましたら幸いです。

手つかずの「野生の海」コモドでした。

4 コメント:

四八式潜水機 さんのコメント...

くぅさん、
投稿ありがとうございます。
こうやってブログを通じていろんな海を知れるのは有難い事ですね。

コモドの海、カラフルな景色や魚であふれてる豊かな海ですねぇ!
海も陸も写真を撮りまくりたくなる場所のようで行ってみたいなぁ。

錦手繰りはやっぱり自分の眼でもしっかり見たいですね。
因みにピグミーは3匹いるのは気づかなかった・・・

また次の海のレポートも楽しみにしておりますので、
どうぞよろしくおねがいいたします!!

JUN さんのコメント...

くぅさん

コモドって名前しか聞いたことなかったですけど、
面白そうなところですねー!!

ピグミー、撮り方によっちゃ3匹でキングギドラみたいに撮れたかも!(笑)
シーアップルって名前もいいですねー^-^

また、バリから乗り継がないといけないっていう、
やや行きにくい感じもまた良いんでしょう^^

一度は行って見たいなぁ。。

keiko さんのコメント...

はじめまして、写真を楽しみに拝見しております。
実は私もMermaidでコモドークルーズに行ってきました。
船が動かないときはタンクがなくなるまで!!60分から80分と大変楽しいダイビングをしてきました。このクルーズはお勧めです!!バリ島から船が出ていますので、コモド、フローレスまで飛ぶ必要がありません。
お勧めクルーズです。

匿名 さんのコメント...

>四八式さん

ピグミーの3匹目は真ん中あたりに下を向いた子が潜んでます!

ニシキテグリのメイティングですが、ダイバー達は完全にデバガメ状態です。
ちょっとニシキテグリに申し訳ない感じです(笑)


>JUNさん

キングギドラ!確かに(笑)
3匹ともこっちを向いたショットを狙ったのですが、
なにげによく動く子たちで・・・1度チャンスが到来したのですが
焦ってピント合わず(><)修行が足りませんね。。。


>keikoさん

コモドはいろんなクルーズがありますよね。
お休みが長い方にはMermaidよさそうですね。

コメントを投稿