タオ島といえば、やっぱり…。

2010/06/04
タイ・タオ島の魅力とは、なんぞや?その答えは、人それぞれだろう。キンセンフエダイなどの大きな群れでもあるし、ギンガハゼなどのマクロ生物でもある。拙者はワイドも好きだし、マクロも夢中になれる。でも、心の中では「タオ=ジンベエザメ」という方程式ができあがっているのだ。

今年はまだ訪問できていないけど、昨年はただジンベエ様に会いたくて潜り続けた。3週間と長期滞在したのだが、潜れど潜れど現れない。おかげで体調を崩したのだが、休んだ日に限って「チェックダイブでジンベエを見た」という聞きたくないニュースも流れて来た…。

「まあ、運に見放されているんだな…」。半ば諦めていた時、チームNaomiだけがジンベエ独占ダイブ!!その中に、拙者もいたのだ!!!終盤8回に入って、やっとツキが回ってきた。そして、最終日のセイルロックでジンベエダイブを満喫できた。

わが師匠のタケシさんのような「ギンガメアジに突っ込むジンベエ」のような、何かとの絡みの写真は1枚も撮れなかったが、まだまだ修行が足りないということ。最高の1枚を求めて、まだまだ潜るぞ!!!

たいした写真ではないけど、ジンベエザメのミニ写真集を見てください。


クリクリお目々がキュート。

胸毛がすごい…。

泡を巻き上げて中央突破!!

咆哮。正面から撮りたかった…。

ジンベエを下から撮っていたら、はぐれたコバンザメが…。

やっぱり世界最大の魚。躍動感があふれています。

4 コメント:

Shing さんのコメント...

横チンさん、いきなりハイペースですね。
最後のシルエット写真が個人的に惹かれます〜。

四八式潜水機 さんのコメント...

真打ち登場ですね!
トップの写真やっぱり素敵ですね。

今年も見たかったなぁ~。

Big Blue さんのコメント...

横チンさん

いきなりぶっ飛ばしてますね。
トップの写真、大方洋二賞の、
やっぱり素晴らしい・・・

TK

横チン さんのコメント...

Shingさん
これから出遅れた分を取り戻しますよ。今度、ジンベエに会った時は違ったアングルから撮れるようにしたいなあ。

四八式潜水機さん
出遅れてすいません。なかなか出会えないから、ジンベエはいいんですよね。また会いたくなりました。

Big Blueさん
やっぱり大方先生に選んでもらった写真ですからね。今度はジンベエ+αで撮りたいです。

コメントを投稿