梅雨の琉球~万座毛編+

2010/06/29

 どうも。
一応部長なのに一番投稿の少ない四八式です。

綺麗な写真はShingくん達メンバの皆さんにお任せして、
ポンコツっぷりを前面に出して、このまま上島竜兵的ポジション目指してこうかと考えてます・・・

といいつつ間の空いた梅雨の沖縄第2弾。
もうすっきり梅雨明けてる沖縄ですが、マクロなら雨も天気も関係ありません。
かまわずブログ進めます。


さて、万座毛とは沖縄本島は真ん中くらいの恩納村にある景勝地で、
時の王である尚敬王が1万人が座れる広い原っぱと評した事に由来する絶景ポイントです。

海の中もドロップオフの深場にはピグミーシーホース、砂地には鯊エリアと
なかなかのポテンシャル高そうな場所であります。

まずは今年の地球の海フォトコンでお世話になった浜隈之実に受賞のご挨拶をしてきました。
かわいいカワイイでまとめられる隈之実ですが、
やはり表情やら鰭やらを考えて撮ってると奥が深いです。
ここで経験値を積んで今年こそはドナルドダックベイのトマトアネモネフィッシュを
ガッツリ撮りたいと企んでおります。


他にも小物や幼魚系も充実。

奄美雀鯛幼魚
紅偽雀
花権兵衛

海牛系もそこかしこに。
さふらん色海牛

しんでれら海牛


ぶーみんさんブログのゴルゴニアンシュリンプを見てなるほどと思うのですが、
背景がいい場所を探したいと意識するものの、どれくらいぼかせば主役と上手く引き立てあうか
とか考えている余裕は正直水中ではなかなかないですね・・・
ある程度の明るさや角度、ゴミとり等は後からでも処理出来ますが、
ボケの感じやシャッタースピード関係は撮ってるその場が勝負のはずなんですよね。
余裕のある時に距離の感覚とカメラの設定を身につけていきたいところです。

菫長花鯛
ほかには「サロンパス」の愛称でおなじみの?菫長花鯛を追ってました。
恥ずかしながら初めて知ったのですが、
花鯛系は自分の好きな深さのレンジがあって、ある一定の深度から上にはいかない習性があるんですね。
下から追う事で見えない壁に追いつめて撮ってたんですが、花鯛にとってはいい迷惑です。
撮るだけ撮っておいてあれですが申し訳ない気もします。
そして100mmマクロで無理矢理撮ってたんで大きすぎですね。
こいつも来たるべきシミランのマッコスカーズフラッシャーズへのリベンジの練習に。なるかな・・・


あと全くの余談になりますが、
こちらのボートでは日本最大の海底鍾乳洞「広部ガマ」を発見された広部さんにお会いしました。
たまたまその時は某報道ステーションのロケ準備で、
水深100mにテニスボールを沈めるテストをされる途中だったそうです。
なぜ100m?なぜテニスボール?
フリーダイビングの篠宮龍三さんを追っかける特集で松岡修造がインタビュアーだからだそうです。
O.A.は7月中旬との事で、ダイバーの行けない100mの領域どんなものか見てみたい気がします。

今日の一句
「気づいたら すでに梅雨明け ちゅらの海・・・」

 

5 コメント:

JUN さんのコメント...

部長、出だしいきなり自虐ですね・・。
と思ったら、いい写真連発じゃないですか。やられた!
クマノミいいなぁ・・。あまり沖縄でもぐらない僕は、ハマクマノミを
ほとんど見たことがないのでうらやましい・・。

ハナダイは深度のレンジがあるといいますよねー。
でも、ポイントによって若干の誤差があるようですけど。

たまに、下から煽るとどこまででも上に上がる個体がいたりして
驚きます笑

ハナダイにはまると、深くて><。。

あと個人的にはアマミスズメダイがすきです。
かれら、胸鰭が綺麗なんですよねー。

Shing さんのコメント...

クマノミはどれもカワイイと思っちゃいますが、このイソギンチャクとハマクマノミのセットが絵的に一番マッチしているように感じて好きです。
クマノミに受賞の挨拶だなんて、部長さん洒落てますなぁ(笑)
クマノミも気持ち良さそうな表情してますね〜。

トマトとマッコスカーズは、ボクもリベンジせねば・・・。

四八式潜水機 さんのコメント...

JUNくん>
隈之実はやっぱり伊豆にはおらんのですね・・・
JUNくんはたくさん見てるイメージだったので意外な感じですね。

花鯛の深度のレンジは常識なんですね。
どこまでも上に上がる個体は結構危険ですね。
どこの世界にもチャレンジャーいるもんだ。
これからも花鯛情報楽しみにしております。

Shingさん>
丸めのイソギンチャクとの組み合わせはいいですよね。
今月のTake4塾長のハナビラ写真は素敵すぎますね。
綺麗だけでなくはかなげ、そして珊瑚の白化を憂う・・・
流石です。

トマトとマッコスは手強いですよね。
水中写真部の当面のテーマになる?かも?

ぶーみん さんのコメント...

部長、↑のコメント読んでいて思ったのですが・・・

ひとつテーマ(お題?)を決めて、それぞれ投稿してみるのも面白いかもしれませんね。
十人十色の視点があると思いますし。
どうでしょう?


背景を考慮して・・・というのは永遠のテーマであり課題ですね。
私の場合は、良いシーンに出会うと、カメラの設定などお構いなしに撮ってしまうので
後から後悔することばかりです(汗)

四八式潜水機 さんのコメント...

ぶーみんさん>
お題いいですね。
実は通ってる写真教室でもひとつのテーマを題材に
皆で作品を出したのですが、結構人それぞれの感性が見えて楽しかったです。

検討してみます。

コメントを投稿