タオ島裏街道を行く HinWongP.の世界

2010/05/18





はじめまして四八式潜水機です。
チャバ会水中写真部発足は大変うれしいもので、
リピーターの方からも盛り上げていけるような活動をしていきたいですね。
メンバも写真のプロやダイブマスターさん等そうそうたる面々の中、
一人おっちゃんが入ってますが、
これからこの場を通じていろいろ刺激を受けたり学んでいければと考えています。
よろしくおねがいします。

早速ですが記念すべき初投稿、拙い写真&文章にお付き合いください。

まずは我々が愛して止まないタオ島の魅力を語るには、
二大巨頭?である甚平鮫と花魁鯊あたりから攻めるのが王道でしょうが、
残念ながら今回のGW旅行では甚平は不発、
花魁鯊の方はメンバのJUNくんが素敵な写真を上げてくれてるという事で、
いきなりですが裏側からいっちゃいます。

と言う訳でお題はタオ島は東側HinWongPinnacleであります。
このポイントは西側のChumponやWhiteRock、Twinsと比べると華がなく、
見る魚も鎧魚や黄八束といった面々でどうにも地味~なポイントと正直ずっと思っていました。
 
が、その考え方はここ最近でずいぶんと変わりました。
 
光が当たった時の海鶏冠(うみとさか)の幻想的な風景は、見ようによっては水中に拡がる花畑、
ハープコーラルの造形美は、見ようによっては水中の枯山水、
・・・見方ひとつで随分と侘び寂びに満ち溢れた大変渋いポイントに思えるようになりました。
 


ダイビングは同じポイントでも
その時々の自分のスキル、心境、季節、海況、潜る仲間で毎回違った面を見れますが、
こういった見方が出来るようになったという意味では
自分も少しは成長したのかなとも勝手に思ったりもします。


強引な例えですが気づくと大人になっていた感覚に近いかもしれません。
苦かったビールが急に美味しく呑めるようになったり、焼きレバーを抵抗なく食べられたり、
教育テレビが一番面白いテレビに観れたりetcといった具合に。


とまあこんな感じでずらずら語ってしまいましたが、
皆様も侘び寂び系ポイントHinWonPinnacleに是非お越しくださいませ。


写真部だけに撮った後の反省点は
・ストロボの光の当て具合はまだまだ改善の余地ありです。
 アームの位置は適宜調節必要ですね。
・ダイバーの位置も考えて撮りたいです。
 構図にもよりますが出来れば水中ライトを点けて人とか入れたいですね。
 偶然に任せず事前に根回しとかした方がよさそうです。

今日の一句
「枯れ野原 光当たれば 花畑」 

・・・お粗末ではありますが、まずはこんなところでしょうか。
長文大変失礼しました。





 
 


4 コメント:

- Khao Lak さんのコメント...

ビッグブルー写真部HP開設おめでとーーーー!

部長のこれからのご活躍には期待しています!!

ヒンウォンは渋いけど、私も好きなサイトです。
水中風景が独特だよね。
そして、何気にウミウシも多い。。。。

ぱっと見は枯れ野原でも、花畑に撮ってもらった
ヒンウォンは幸せものだよー。
(・・・枯れ野原!!??笑)

四八式潜水機 さんのコメント...

初のコメントありがとうございます。
部長といってもひよっこですので、これからもがんばりますね。

ヒンウォン実はファンも多そうですね。
枯れ野原は大変失礼いたしました。

ウミウシはこの前は見えませんでしたが、
次回はマクロレンズでも潜ってみたいですね。

yukika さんのコメント...

これはsadaちゃんよね?
ガンダムでわかっちゃった!!
これからもちょくちょく見に来るねー。

四八式潜水機 さんのコメント...

yukikaさん>
ありがとうございます。
なるべくまめに更新していきますので、
またお越しくださいね!

コメントを投稿