クリストファー・ニューバートの写真集

2010/05/26


皆さん、とても素敵な写真&記事ばかりで、このブログ、ヒートアップしてきましたね。

このブログを見て頂いている方は、「水中写真はどうやったら上手くなるのか?」という事を、結構いろいろ考えてるんではないかと思います。

もちろん、ボクもそのひとりなんですが、
今年に入ってから、ビックブルーのクルーズやダイビングイベントで高砂さんや杉森さんなど、一線で活躍するプロの水中カメラマンの方とお話する機会が持てたので、
「水中写真を撮るにあたって、何か参考にしたものとかありますか?」
と、思い切って聞いてみたんです。

そして、お二人から薦めて頂いたのが、「クリストファー・ニューバート」の写真集。

Christopher Newbert (クリストファー・ニューバート)

早速、ネットで調べてみるも、新品の写真集は結構イイお値段。
Amazonで手頃な中古を発見し、即購入!
海外発送だったので、1ヶ月くらいかかりましたが無事到着。
Within a Rainbowed Sea (The Earthsong Collection)

写真集の内容は、若干古さを感じる所もありますが、被写体の選定、構図の切り取り方やライティングなど見ていて、とても参考になります。
ボクのプロフィールに「マクロをじっくりライティングして撮りたい」と書いたのは、この写真集の影響が大きい。ホント、写真の中の魚や珊瑚にとても立体感があるんですよね。
海の中で、“物撮りするように1枚1枚丁寧に撮っていった”って感じが、とても出ている気がします。

偉そうに書いてしまいましたが、
ボクにとって、こんな写真が撮りたいなと思わせる一冊でした。
これで写真が上手くなるとイイんですが・・・。

皆さんのオススメ写真集も教えて頂けたら嬉しいです。






↑この名書を土足で踏むウチのバカいぬ(笑)

高砂さん,杉森さん、どうもありがとうございました!

Within a Rainbowed Sea (The Earthsong Collection)

2 コメント:

四八式潜水機 さんのコメント...

バカいぬ~(笑)

海の中をしっかりアートにしている写真集ですね!

自分はただいま久米島エスティバン川本さんの写真集ながめてます。
エビカニのやわらかな雰囲気が素敵です。

※楠哲也写真集は言うまでもなくオススメデス!

Shing さんのコメント...

四八式潜水機さん>

ばかイヌーーーー(笑)

この機会にいろいろな海の写真集を見てみようかなと改めて思ってます。
エスティバンの川本さんの写真集は、
「球美の海—ベジタブルフィールドの住人たち」ですかね?
表紙見ただけでグッときますね。
テツさんの写真集もゲットしないと・・・。

情報ありがとうございます!

コメントを投稿