タオ島の魅力   ~群れ特集~

2010/05/18

こんにちは! JUNです^^

部長の四八式潜水機さんが、素敵なタオの裏街道のご紹介をされていますねー!
個人的には、記事の最後の俳句が気になります^^
次回はどんなものがくるんでしょう??

僕のほうは、今回もタオ島の魅力レポートということで、「群れ!」
という切り口で紹介してみたいなと。

群れといえば、パラオのペリリュー島も有名ですが、僕の個人的な感想としては、
魚の絶対数でいえば、タオはペリリューの10倍じゃきかないくらいいるんじゃないでしょうか。

特に、今回のGWのタオ島は、甚平こそ頻度が低かったものの、群れの密度・数は
これまでのタオ旅行の中でも抜群だったんじゃないかなと思いました。
もうあたり一面魚だらけ。上記写真のキンセンフエダイに突っ込んだ日には、
ガイドさんも見えなくなります。(危ないからほどほどにしないと・・・)
タオ島で潜ったことある人なら、一度はキンセンフエダイに突っ込んだこと、ありますよね^^


こいつらは、シェベロンバラクーダです!右側はバラクーダに巻かれる四八式潜水機部長の雄姿が。


僕の中でのバラクーダは近寄るのにちょっとしたコツは、「ガイドさんの後ろにぴったりくっついていること!」もうこれですね。
バラクーダは、むやみに突っ込むと逃げてしまって、なんか後ろ向きのバラクーダの写真しか撮れません。
現地のガイドさんたちは、バラクーダの先頭のやつの動きをみて、どのあたりに群れがきそうか、を的確に読んでくれます。自分達にバラクーダが突っ込んでくるようなポジショニングをガイドさんはしてくれるので、そこはスペシャリストにお任せしてしまうのが一番のコツですよ(笑)
こいつはピックハンドルバラクーダです。
上のシェベロンバラクーダよりもかなりデカイです。ただ、シェベロンよりも臆病というか、近づくのが難しい&でかすぎて、近づきすぎると写真に全部入らない。ということで、結構苦戦しました。
とりあえず、群れの先頭のやつらを切り取ってみました。
サーモクラインの中もやもやの中からいきなり現れる巨大な群れに、圧倒されます。

こいつはオニアジです。オニアジはジグザグに泳ぐ習性があり群れが変な形になります。
(写真の様に斜めに平行な群れを作って泳いでいます)
こいつも中々寄れません><。
こいつに寄るには、他のチームと挟む、とかですかね。
#この時は、このさらに奥にバラクーダの群れがいたので、おかげで寄ることができました。
コバンアジです。普段はかなり水面近くにいるのですが、今回は5m~10mくらいの場所で群れていました。

なんか、銀色系の魚ばかりを紹介してしまいましたが、色のあるやつも^^
左はクロリボンスズメダイの群れ。右ツキチョウチョウウオの群れです。

クロリボンスズメダイ。。
たけし師匠をして、「これ以上ないぐらい地味」なやつですが、
なんとか上手く撮ってあげたい・・と思ってたくさん撮りましたが、、、、
まぁ、こんなもんです。ボリュームは伝わるよね!?w

おっと、群れに興奮して、思わず写真をたくさん載せてしまいました・・・。

これでもまだ紹介しきれていない群れがたくさん・・
イエローバンドフュージュラーとか、ユメウメイロとか、ジャワラビットフィッシュとか、
ホソヒラアジとか・・

タオってやっぱりすごいですねー!!

このブログを見てる人はほとんどの皆さんが行ったことあると思いますが、
もし、まだ行かれていない方は是非!この群れにまかれてくださいね^^

JUN

4 コメント:

- Khao Lak さんのコメント...

びっぐぶるー写真部HP開設おめでとーーー!
そうだよねえ、タオは本当に群れがすごい!
クロリボンスズメダイは、、、確かに地味、、、
私もこれが、全部ハナダイだったら・・・なんてことを思ったこともあるよ。
でも、あの密度はすごい!
タオならではの風景だよねー。

NAOMI

JUN さんのコメント...

NAOMIさん

コメントありがとうございます☆
やっぱりタオに行ったら、あの群れに思う存分突っ込まないとね!

流れの少ない海で、あれだけの魚が密集してる場所ってそうそうないんじゃないかなぁ?

あー思い出したらまた行きたくなった。

JUN

yukika さんのコメント...

JUNくん

楽しそうなブログ!ちょくちょく遊びに来ます。
この群れ見てると、そわそわしちゃう。早く潜りたい!
今年もタオで会えるかなー?

yukika

JUN さんのコメント...

あ!yukikaさんー
コメントありがとうございます~☆
次はいついくんですか?

いやー、やっぱりタオの群れは最高です!

あれだけの群れがほとんどカレントない場所にいるんだから、
すごいですよー。

コメントを投稿